初めて招待をされた結婚式の服装マナーとは!?

記念日

結婚式に招待をされたとき、何を着ていけは大丈夫?などなど、考えることもたくさんありますよね?

初めての場合、なおさらです!

そこで今回は、服装のおさえるべきマナーのポイントから、ご祝儀の相場を紹介していきます。

当日までに準備をしっかりしておけば、心配をすることはありませんからね
( -`д-´)キリッ

スポンサーリンク

結婚式でのフォーマルとは?

結婚式の服装は、フォーマルが基本となります。

会場が格式のあるホテルや式場の場合なおさらです。

フォーマルをネットで調べると、「イブニングドレス」や「カクテルドレス」などなど、なじみのない言葉をみかけます。

ところが最近は「レストランウェディング」をはじめ、カジュアルといわれる結婚式が一般的です。

調べるほど単語がたくさんでてきて、なんだか難しく感じますが・・・

バシっとフォーマル?服装はどうしよう?と、ますます悩んでしまいますね?

そこで次に、おさえるべきポイントを紹介しています。

マナーに配慮をしていれば大丈夫ですよ!

結婚式の招待でおさえるべきポイント5選!

結婚式に出席するときの服装を調べると、あれやこれやとマナーがたくさんあり、すこし困惑をしちゃいますね。

そこで、おさえるべきマナーのポイントを紹介します!

せっかく招待をされた友人の結婚式です!
服装で悩むより、お祝いを楽しむようにしましょう!

【おさえるべきポイント5選】
・全身が白っぽい服装は避ける
・黒のドレスは避ける(紺は上品にとらえられOK)
・昼間の時間帯は露出を控える(夜は多少OK)
・靴は、つま先とカカトが出ない「ヒール」にする
・アクセサリーは、パールやシルバー(腕時計は避ける)

それでは、ポイント5選の解説をしていきます。

全身が白っぽい服装を避ける理由は、「白」が花嫁の色とされているためです。

色味があるドレスならマナー違反にならないので、淡いピンクやベージュなら大丈夫です。

黒を基調としたコーディネートは、喪服をイメージするので、NGとされています。

夜は多少の露出やきらびやかな服装も問題はないですが、昼間は肩の出るドレスやミニ丈は避けましょう。

靴も同様に、なるべく足元がかくれるタイプが無難です。

アクセサリーもまた、花嫁より目立つような大ぶりなタイプや生花ではなく、さりげない感じを演出しましょう。

時計がダメといわれる理由は、「おめでたい席で時間を気にする」という意味合いがあります。

一つ一つに理由があるんです。

あくまで主役は花嫁なので、花嫁より目立つことのないよう心がけます。

アニマル柄やファー小物もNGとされており、肩をかくすなら「ボレロ」や「布のストール」にしましょう。

ただし、夜の披露宴やパーティーは、キラキラとデコレーションされたドレスもマナー違反になりません。

気を付けるのは、会場や時間帯です。

ホテルや結婚式場など、かしこまった場所の場合、ポイントはしっかりおさえましょう!


スポンサーリンク

ご祝儀の相場とは?

意外と多くの方が悩むポイントがここなんですよね。

友人の結婚式につつむ、一般的なご祝儀の相場は、3万円といわれています。

「割り切れる数字の金額(偶数)」はNGとされていますが、学生や社会人になりたてのばあい、2万円でも大丈夫というのが近ごろの風潮です。

2万円としたときに気を付けるのは、お札の枚数になります。

1万円札を2枚ではなく、「1万札と5千円札を2枚」つつみ、お札の数を奇数にしましょう!

まとめ

いかがでしょうか?

なかなか奥がふかいように思いますが、これからも結婚式に招待をされることがあるでしょうから、おぼえておきたいマナーです。

招待をうけたばあい、あわてることがないよう、全身のコーディネートを事前に考えておきましょう。

カワイイ服装ができる、せっかくのお祝いの日です。

自分も楽しんで、素敵な一日にしちゃいましょう(・∀・)

では では |彡サッ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました