花粉症の時に起こる頭痛の原因は?対策と風邪薬も飲んで大丈夫?

季節もの

花粉の季節がやってくると頭を悩ませるほどの辛い季節ですよね。

毎日の天気予報では花粉情報から目が離せなくなります。

皆さんは花粉対策ってしてますか。

実は私は花粉症ではありません。(ごめんなさい)

「おいおい、そんな奴に花粉症の辛さが分かってたまるか!」

そんな花粉症ではない私から花粉症にまつわるご案内をしていきたと思います。

では、見て見ましょ~(・∀・)

スポンサーリンク

花粉症の時に起こる頭痛の原因は?

皆様、ご安心?ください。

実は私は花粉症ではありませんが極度の頭痛持ちです。

花粉症の悩みとしては

●くしゃみ
●鼻づまり
●鼻水
●目のかゆみ

そして
●頭痛

ではないでしょうか?

どれも辛い症状ですが頭痛は程度もありますがまず仕事中であれば、明らかな作業効率の低下。

勉強中であれば、覚えるどころではなく明らかな時間ロスを伴います。

プライベート中なら頭痛の為に楽しさ半分になってしまいますので私の場合は症状がきつい場合は仕事が出来ないほど吐き気を伴うほどありますのでいつも頭痛薬を携帯してます。

一般的に頭痛原因としては頭痛の種類にもよりますが

●寝不足
●肩こりや目の疲れ。
●ストレス
●疲労
●匂いや過度の羞明
などがあり

花粉症による頭痛の原因は

●鼻づまりや喉の粘膜の腫れが原因で起こる脳の酸素不足
●鼻づまりが原因の睡眠不足
●花粉症が原因の肩こり

が、多くの原因となってしまいます。

「花粉症って肩こりもあるの?」

と疑問に感じる方も多いかもしれませんが花粉症ってだけで心身ともに大きなストレスですよね。

花粉症の友人曰く鼻水はエンドレスで出てくるし、くしゃみが出ると作業を中断してしまうし。

目はかゆくて涙もでるし・・・と

「どうしたら良い?」とぶつけようのない怒りと共に抱えるストレスを感じるようです。

このストレスにより体の血流が悪くなり肩こりが起こりやすくなるそうです。

起因は違いますが私も抱えている頭痛の原因自体は似ているようですね。

花粉症の時の頭痛の対策

鼻づまりや肩こりの改善を行う事が一番の対策のように感じます。

まずが鼻水や鼻づまりが解消されるとストレスも軽減しストレスが起因する肩こりでしたらこちらも改善できそうですね。

病院で処方される薬やドラックストアでも手軽に購入できる点鼻薬などがありますが点鼻薬の場合は乱用すると薬剤性の鼻炎を発症する恐れがありますので説明書に記載されている用法・容量を守って使用してください。

内服薬などの場合の多くは“抗ヒスタミン”が入っている物がほとんどのようです。

ヒスタミンとは生体内の刺激伝達物質の事でこの“ヒスタミン”を抑える事でアレルギーを抑える事が出来るのですが副作用があります。

一番多く指摘されるのが“眠気”です。

厳密に言えば“眠気”ではないようで、“脳の判断や思考の低下”という表現のようですがどの道、車の運転や機械の操作を行う時の服用はしないのが得策のようです。

良く見かけるのが“マスク”ですがマスクを使用する事により“花粉を鼻に入れない”とういうのは対策としても有効ですし最とも一般的なように感じます。

最近では耳が痛くなりにくい物や眼鏡を掛けている方も曇りにくいタイプも多く市販されております。

私が個人的におススメなのが風邪を引いた時に購入した商品で“ウエットマスク”です。

濡れたフィルターが入っており、喉や口もの乾燥を防いでくれますしマスク特有の息苦しさが少ないのが特徴です。

最近では就寝用というのもあるそうですが、寝る時に使用すれば口呼吸による乾燥が少なくなり風邪やインフルエンザの予防にも使えるのではないでしょうか。

また抗ヒスタミンは眠気?意外の副作用として口が渇く事がありますので内服薬を使用の際のも重宝すると思います。

ウエットマスクは花粉症の友人にもおススメしましたが好評でしたよ!


スポンサーリンク

花粉症の時に風邪薬は大丈夫?

「花粉症と風邪って症状似ているから風邪薬飲んでもいいよね?」

そう思う方も多いですよね?

でも“薬”って出来れば飲まないで良いなら飲みたくない物じゃないですか?

なので飲むのであれば正しく症状に合わせて飲みたい物ですね。

風邪薬のほとんどに先ほどの抗ヒスタミンが配合されている物が多い為、風邪薬を飲んでも花粉症の鼻水やくしゃみはある程度、抑える事が出来るそうです。

しかし風邪薬の場合は解熱剤が入ったりするので花粉症用の薬とは違う副作用を伴う可能性があります。

出来るだけ余計な成分は取り入れたくなのが心情ですかね?

また風邪薬は長期間服用が出来ないので、花粉症のように長い間、代用する事が出来ないので出来れば花粉症用の物を使用して頂き、緊急的に風邪薬を使用した場合は切り替えた方が良いようです。

もちろんですが、風邪薬と花粉症の併用は注意してください。

薬の併用自体を危険視されており副作用が強くでたりする場合があり非常に怖いです。

もしどうしても併用しなければいけない場合はお医者様か薬剤師様に必ず相談をしてください。

あまり知られてないのですが、点鼻薬や目薬も併用は危険なので相談してから使用した方が良いそうですよ。

さいごに

いかがだったでしょうか?

私は頭痛持ちなのでが、必ずといって良いほど症状が出るシーンが
いくつかあります。

●極度に寒い時
●講習会に参加した時
●ストレスを重ねて感じた時
●人ごみに長時間いた時

思いつく限りでは上記ですが、勿論それに限らずいきなり奴はやってきます。

しかし上記の限りでは考え事をした時やストレスや血流が悪くなった時に必ず起こる為、ある程度一貫性があるのかもしれませんね。

「花粉症じゃない私も辛いんだよ!」って言いたいのか?

花粉症はそんなもんではないよ!って言われそうですね。
(〃゜д゜;A 

最近では花粉症ゴーグルなども販売されており眼鏡が必要な方は眼鏡の上から使用できる物や眼鏡のように度を入れられる物もあるようなので活用するの良い対策ではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました