夏バテなのに太ってしまう原因は?対策法やおすすめの食事の紹介

夏になると、いつもより汗をかくので、なんとなく痩せるイメージがありますよね。

しかし実は、痩せるどころか、太ってしまうこともあるんです!

太る原因や対処法には、どんなものがあるのでしょうか。

早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

夏バテなのに太ってしまう原因

夏バテになると食欲が落ちますが、食べる量が減ってしまうと、体が飢餓状態だと勘違いをしてエネルギーの吸収率がよくなります。

元気を出そうと、スタミナ食を食べると、その分のエネルギーがそのまま蓄えられる可能性があるのです。

また、のど越しのいい麺類も食べたくなる季節ですが、そればかりだと炭水化物に偏ってしまい、太る原因になっています。

夏は体温調整のために汗をかきますが、その汗にはビタミンやミネラルなどの栄養成分も一緒に流れ出ています。

熱中症対策に水分補給は大切ですが、スポーツドリンクを飲んでいる人は、控えた方が良いです。

スポーツドリンクには糖分が多いため、糖分過多になってしまいます。

暑いと運動不足にもなりますが、睡眠不足にもなりますよね。

そのことで自律神経も乱れて、太ってしまう原因になります。

冷たいものの取りすぎや、冷房の使い過ぎで体が冷えて基礎代謝が低下しても太ってしまうので、注意です。

基礎代謝の低下や塩分の取りすぎなどで、むくみを起こしている場合もあります。

夏バテなのに太ってしまうときの対処法

夏は暑いからシャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、湯船につかることをオススメします。

毎日、湯船につかることで外の暑さにも慣れて、夏バテしにくい体にもなるようです。

体が温まることで血液循環がよくなり、自律神経の乱れがよくなったり、基礎代謝も上がります。

湯船につかることが難しい人は、40度前後のお湯に足首までつかる事でも効果があります。

運動不足を解消することも対策になりますが、運動習慣のない人はなかなか難しいと思います。

エレベーターを使わずに階段を使う、いつもは車だけど少し歩いてみる、など日常の中でできる運動から取り入れるといいでしょう。

プールでの運動は、涼しいうえに水圧で血流や代謝もよくなるのでオススメです。

腰やひざ、足への負担も少なく、むくみ解消にもなります。

暑くて寝苦しい夜には、クーラーなど冷房をうまく使って安眠できるようにするといいでしょう。

ただし、設定温度は低すぎないように注意です。


スポンサーリンク

夏で太ってしまうときのおすすめの食事

太ってしまって食べたくなくなってしまいますが、逆効果になってしまいます。

夏バテで食欲がなくても、ビタミンB群を意識して摂取するといいです。

ビタミンには、脂肪代謝を促す成分や、糖を分解してエネルギーに変える働きがあります。

オススメの食品は、豚肉やうなぎ、レバー、納豆、ニンニクなどです。

タンパク質と一緒に取ると、疲労回復や食欲増進にもなります。

タンパク質を含む食品には、豆腐などの大豆食品や鶏肉などがあります。

筋肉量の維持や、基礎代謝を上げる働きがあるので、合わせて摂取するといいですね。

むくみが原因の場合、余分な水分を排出してくれるカリウムを含む食品がオススメです。

トマトやキュウリなど、主に夏野菜に多いですよ。

ただし、体が冷える作用もあるので、食べすぎには注意です。

食事にお味噌汁を飲むだけでも、体が温まります。

具に野菜やわかめなどを入れれば、栄養もとれるのでいいですね。

ココアに含まれるポリフェノールには、血流がよくなり、基礎代謝を上げる効果があるようです。

食物繊維も含んでいるので、腸の働きもよくなります。

ただし、砂糖入りは糖分過多になるので、飲みすぎに注意です。

さいごに

どうでしたか?

夏バテになるといろいろな不調が現れますが、太ってしまうなんてショックですよね。

あまり頑張りすぎるのも逆に体調不良になってしまうので、少しずつ体質改善するといいでしょう。

自分のできる範囲から始めることが大切ですね。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました