猛暑の疲れやだるさはどうして?取る方法と取りやすい料理は?

夏の暑さというはとても嫌ですよね;つД`)

何もしてもないのに汗だくになり、外に出たくなくなります。

私なんかはクーラーの効いた部屋でダラダラしてしまいます(´Д⊂ヽ

でもいつもダラダラしているのに疲れやだるさがあるのは何故なんでしょうかね?

特に猛暑となると私はイライラしてストレスにもなります。

今回はそんな猛暑の疲れやだるさを取る方法と取りやすい料理をご案内していきます。

スポンサーリンク

猛暑の疲れやだるさはどうして?

・水分や冷たい物を採りすぎる
私なんか特に見覚えがある行為ですが、特に猛暑となると
冷たいアイスコーヒーやアイスクリームを食べたくなるのは私だけではないはず(*´ω`*)
しかし冷たい物を食べ過ぎると胃や胃腸の働きが低下してしまいます。
そうなると全身の血液の循環が悪くなるので体のだるさを招いてしまいます。

また水分を採り過ぎると胃液が薄まり食欲がなくなり栄養バランスも悪く
なってしまい体のだるさや疲れがより一層増してしまいます。

・クーラーの効いた部屋
クーラーを使いすぎてしまうと外気との差が生じてしまい自律神経が乱れてしまいます。
自律神経は交感神経と副交感神経からなるもので身体を正常に機能させる為には必要な機能です。
この自律神経が乱れてしまうと汗を多くかいてしまったりなど
体の不調を訴え疲れやだるさとなってしまいます。

猛暑の疲れやだるさを取る方法

・軽い運動を行う。
運動を行う事でストレス解消や食欲が増したり汗を掻いたり
また何より暑い夏を乗り切る体力を付ける事ができます。
運動を行い汗を掻く事で新陳代謝を整える事ができます。

軽い運動では

・ウォーキング
・階段を利用する
・一駅分歩く
・ストレッチ

などなどがありますが一駅分歩くなどは日常的に使える技で
仕事帰りなど使ってみましょう。

・水分補給を細目に行う。
水分を採り過ぎると胃液が薄まったり胃や胃腸の働きが悪くなったりしますが
やはり汗を掻いてしまうと水分は必要です。
水分が足りないと脱水症状となり最悪、命の危険性あります。

ただし水分を一気に採らず細目に採るようにしましょう。
また冷えすぎた水分は胃や胃腸の働きを弱めてしまうので
常温など冷えすぎていない物を選ぶのも重要です。

・クーラーとのお別れ
暑い夏にクーラーとのお別れはとても悲しい事ですよね(´Д⊂ヽ
ひと夏の恋とはまさにこのクーラーとの出会いと別れではないでしょうか。

しかしクーラーを使いすぎる事で疲れやだるさを招いてしまいます。
しかし使わないというのはまさに苦渋の選択です。
その為、一切使わないのではなく冷房の設定をキンキンに冷やすのではなく
26℃から28℃など外気より2℃程度下げた温度設定にしてみましょう。

そうする事で冷やしすぎを防ぎ外気との温度差を減らす事ができます。

・浴槽につかる
暑くなるとついついシャワーで済ましてしまう事が多くないですか?
私はまさにそうでシャワーで冷水を浴び汗を流しクーラーの部屋へダイブしてしまいます。

しかし実際には浴槽でしっかり体を温める事で老廃物を流しリラックスする事が
できます。
温度も37℃~40℃の体温より少し高めの設定で身体の芯から温める為にも
約20分、浴槽に浸かる事をおススメします。

「20分も!?」

普段シャワーの方では長く感じるかもしれませんが音楽など聞きながら
入ると意外とそう長くも感じないものです。

スポンサーリンク

・スマホなど寝室に持ち込まない
睡眠をしっかりとる事も疲れやだるさの解消には効果です。
スマホにはブルーライトが出ていますがこのブルーライトは目に刺激が
多く睡眠に妨げとなります。
また体は太陽からでるブルーライトを浴びて朝を感じ覚醒をする為、
寝る前にスマホを見ると体が覚醒してしまいます。

またPCやスマホを使う場合も睡眠の1時間から2時間前には終わらせておきましょう。

長く眠るというより質の良い睡眠をとるように心掛けましょう。

猛暑の疲れやだるさを取りやすい料理は?

疲れをとるには“ビタミン”を採る事が重要です。

・ニンニク
ニンニクはスタミナの元と良く言われていますが
ニンニクには殺菌作用もあり消化や食欲を促してくれるので猛暑に疲労回復には
もってこいです。

・豚肉
豚肉も疲労回復には良いと言われていますよね。
疲労回復にはビタミンやタンパク質が必要不可欠ですは
豚肉にはそのビタミンB1とタンパク質が豊富に含まれています。

・オクラ
ビタミンB1とビタミンB2が豊富に含まれています。
しかもムチンという成分も多く含まれていますが
ムチンは胃腸の調子を整えてくれるので冷たい物で弱った胃腸を
整えてくれます。

・ニラ
アリシンという成分が含まれていますがこのアリシンは
ニンニクのも含まれていますがビタミンB1と一緒に摂取する事で
疲労回復を促してくれます。

◆おススメ料理
豚のニラの炒め物なんかどうでしょう。
ニンニクと一緒に炒めても美味しいですし
豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれていますので
ニラやニンニクに含まれるアリシンと一緒に取る事でより
疲労回復に効果が期待できます。

ぺペロンチーノなどもおススメですね。
ペペロンチーノにはニンニクはもちろん、唐辛子も含まれています。
唐辛子に含まれるカプサイシンが胃を刺激して食欲を促してくれます。

さいごに

猛暑の疲れやだるさはどうして?
・水分や冷たい物を採りすぎる
・クーラーの効いた部屋

猛暑の疲れやだるさを取る方法
・軽い運動を行う。
・水分補給を細目に行う。
・クーラーとのお別れ
・浴槽につかる
・スマホなど寝室に持ち込まない

猛暑の疲れやだるさを取りやすい料理は?
・ニンニク
・豚肉
・オクラ
・ニラ
など使った料理。

暑いと本当に何もしたくなくなりますよね。
休みの日は家でクーラー付けて映画でも見るのが
幸せな時間です。
昔、子供の頃はこんなに夏だからといってグッタリする事なんてなかったですが
やはり“年のせい”なのかなぁと思っていましたが
子供の頃は良く外で遊んでいたのでやはり体力面や食欲の面で
健康だったのかもしれません。
昔のようには無理でも一駅分歩いて、体力を取り戻すのも良いかもしれません。

参考にされば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました