ドライアイの原因が紫外線?対策とケア方法を紹介

季節もの

ドライアイってつらいですよね~(つд⊂)

日常生活に支障がでる場面も多いです。

これからの時期は紫外線量が高くなるので、対策をしっかりしていきましょう!

紫外線は目からも吸収されるっていいますからね。

ドライアイに関については、自己診断?で適切な治療を受けていない人も多くいます。

そこで今回は病院での検査方法も含め、紫外線対策やケアについて紹介しちゃいます。
(´∀`)

スポンサーリンク

ドライアイを放置すると大変なことに

ご存知の通り、ドライアイの症状で代表的なのが「目のかわき」ですね!

読んでそのままですが・・・。

ほかには、目の違和感や痛みなどもあげられます。

目は涙の膜で守られていますが、ドライアイになると膜が形成されずダメージを受けやすくなります。

眼科でドライアイか調べるのに「シルマー検査」がよくおこなわれます。

下瞼の裏に専用の紙を入れ5分ほど放置し、どれくらい涙を分泌しているか測定します。

ドライアイを放置することによって、目にさまざまな悪影響をおよぼします。

眼病、視力の低下、目の老化などです。

最悪の場合失明の可能性もあるんですよ?

一度ドライアイになってしまうと、回復はしないと言われているので、放置することはとっても危険な行為です。

ドライアイを要因とする眼病はたくさんありますが、「白内障」もその一つです。

放置したすえに白内障を発症してしまえば、手術もやむを得なくなります。

近年ですとパソコンやスマホの使用が多くなりがちになって、目が疲れていませんか?

アイメイクやカラコンも目には大きな負担にもなってしまうんです。

こういった負担もドライアイの原因になります。

ドライアイの症状が軽いようであれば、目薬での治療となります。

検査がまだの人は、まずは眼科での検査をおこなってください。

自分の目の状態を把握しておくことも重要なポイントです。

紫外線から目から守るには

紫外線対策として、UVカット機能のあるサングラスがベターです。

と言っても抵抗があったり、会社でサングラスをすることはできませんね。

その場合には、メガネがオススメです!

メガネにもUVカット機能つきがあるのです。

「私は目が悪くないしメガネもダメだな…」なんて方もいると思いますがその場合には、「度なしのUVカットメガネ」を使いましょう。

扱いのある店舗では、フレームを選ぶことができたります。

該当するメジャーなメガネ屋を紹介しておきますね!

眼鏡市場」「Zoff(ゾフ)」「JINS」です。

度なしのメガネには、パソコンやスマホから発生するブルーライトから目を守るものもあります。

オフィスでパソコンを長時間つかう場合には、こちらもあると便利ですよね。

個人的によく使っている店舗は「JINS」ですが、値段も手ごろに作れるので気に入ってます^^

このさいもうメガネデビューをし、オシャレとして楽しむのはどうでしょうか!?

また、外ではあわせて日傘もさしましょう。

紫外線は地面から乱反射するので、メガネをかけているからと安心はできません。

日傘の裏が黒色なのは、乱反射した紫外線を吸収するためなのです。

メガネと日傘を利用し、紫外線から目を守ることに徹しましょう!


スポンサーリンク

紫外線を浴びた目のケア方法

それでもうっかり「今日は目に紫外線を浴びちゃった…」という場合には、目を休ませてあげます。

瞼を閉じてゆっくりするだけでも効果があるのです。

他には冷たいタオルを目に置いて冷やすのも良いでしょう。

ガッツリ紫外線を浴びてしまうと、目が日焼けした状態になります。

日焼けは炎症になるので、冷やすことがオススメとなります。

市販の目薬にもUVケア用があります。

ただドライアイの場合ですと、目が敏感になっているので、眼科で相談をしてから使用した方が安心ですね。

まとめ

いかがでしょうか?

ドライアイってなかなか手ごわいですよね~。

コンタクトレンズでさえ原因になるので、日常で対策をするとなるといろいろ考えちゃいます。

私もドライアイで近眼なので、UVカット機能つきのコンタクトに変えようとしましたが止めました。

ドライアイは涙の膜が充分でないため、コンタクトはまばたきするだけで目のダメージになるのです。

紫外線とドライアイの関係は親密です。

しっかりと対策をしドライアイの加速を止め、これからも快適に過ごしましょう。

では また|彡サッ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました