微熱で会社を休むのはあり?マナーと何度で休む?

社会人となると体調管理も仕事の内と良く言われますが
たしかに体調不良などにより急遽、仕事に穴が出来ると回りにも迷惑を掛けてしまいます。

しかし、そうはいってもいくら管理しても体調を崩してしまう事はあります。

体調を崩してしまって判断に迷うのが仕事を休みべきか、出勤するべきではないでしょうか。

特に高温でうなされているようなら迷わず会社を休んで病院へ行くべきなのでしょうが
微熱程度となると出勤するべきか、もしきは周りに菌を移さないよう休みべきか悩むところではないでしょうか。

今回はそんな微熱で会社を休みのはありなのかなどについてご案内してまいります。

微熱で会社を休むのはあり?

微熱の場合で判断に迷ってしまうのは、“無理すれば出勤出来る”からではないでしょうか。
明らかに出勤もできないような体調であれば迷わず休みの連絡を入れるのでしょうが
出勤が可能な場合、一度出勤してから上司に判断を仰ぐという方も少なくありません。

一般的には発熱は37.5度以上を指すようです。
しかし人によっては平熱に差があり元から平熱が低い方であれば同じ37度でも
平熱が高い人に比べて辛くなります。

微熱具合で対応も変わりますが“休み”という方の意見が多いようです。

理由は

・微熱で無理をすると悪化してより迷惑を掛けてしまう。
・ウィルスの可能性を否定できないので移すといけない
・体調不良では満足する仕事をする事ができない。

体調が悪くても出勤して仕事をするもが“美徳”や“真面目”と考える人も
少なくありませんが、体調不良も初期の段階でしっかり休んで早めに完治し
仕事復帰をする人の方が優秀な人材と考える人もいるようですよ。

発熱で会社を休む時のマナー

体調不良は誰にもあります。
その為、体調不良で仕事を休みのは仕方のない事ですが、それを当たり前と
考えているとマナー違反となります。

・了解の伺いをたてる。
一方的に「今日は休みます」といってしまうと上司も何故休むのか?理由も分かりませんで許可のしようもありません。
また許可をお伺いせずに休みと自己判断で休んだという事になりマイナス評価になります。

・電話で連絡する。
体調不良だと電話で話すのもしんどい事もありメールで済ませてしまう方もおります。
メールは一見便利ですがメールは一方的なツールで上司は見ていない可能性もあります。
メール文面で「本日、体調不良の為休んでもよろしいでしょうか」と
お伺いをたてても上司が忙しくメールを見ていない場合それに対して返信ができていないと自己判断の休んだ事になってしまいます。

メールを見ていない上司が悪いと考える人もいるかもしれませんが、マナーを守らず
一方的にメールを送って休んだ方が悪いと思われて仕方ありません。

その為、体調不良でしんどくても電話でお伺いをたてるようにしましょう。

・上司に連絡する。
電話したタイミングが悪く上司に繋がらない場合、電話を出た人が伝言をすると
言われる事もあります。
その人が先輩などで断れない場合もあり、伝言をお願いする事もありますが
必ず再度、上司の連絡をして直接伝え、休んでも良いがお伺いをたてましょう。

伝言相手が先輩でも休みの了解が出来るのは上司だけですので必ず直接上司に伝えるのが
マナーです。

・仕事の引継ぎを行う。
急遽仕事の穴を開けるとなると周りに迷惑を掛けてしまいます。
特に仕事で取引先や顧客への引継ぎが出来ていないと迷惑の幅を広げてしまい
信用問題に関わります。

スポンサーリンク

例え体調不良であっても休んで当然というスタンスは良くありません。
例えどんなり理由でも周りに迷惑を掛けているので出勤した時は謝罪と
感謝の言葉を伝えるようにしましょう。

発熱で会社を休むのは何度?

一般的な発熱は37.5度と言われています。
発熱で仕事を休む目安はひとそれぞれありますが

多くの上司は平均38度以上で休んで仕方ないと考えているそうです。

ただし平熱が低いかたであれば同じ38度でも辛さに差が出てくるので
熱だけでは判断できないところもあります。

また熱は低くても咳や嘔吐など感染の疑いが多いにある場合は
休んだ方は無難ではないでしょうか。

新入社員のやったほうがいいまとめ一覧

さいごに

微熱で会社を休むのはあり?
ありです、理由は
・微熱で無理をすると悪化してより迷惑を掛けてしまう。
・ウィルスの可能性を否定できないので移すといけない
・体調不良では満足する仕事をする事ができない。

発熱で会社を休む時のマナー
・了解の伺いをたてる。
・電話で連絡する。
・上司に連絡する。
・仕事の引継ぎを行う。

発熱で会社を休むのは何度?
・多くの上司は38度以上
体調管理も社会人として大事な仕事の内ですが
人間どうしても体調を崩してしまう事はあります。

休み時は上司にお伺いをたてしっかり休んで体調を戻し
また出勤の際は謙虚な姿勢でいきたいですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました