偏頭痛の予防におすすめのアロマは?水分補給量と予防しやすい食事

健康

片頭痛の方は何もしなくても頭痛がして物事に集中できなくなったり偏頭痛のしんどさのあまり寝込みこんでしまう方もいます。

私の周りの方も偏頭痛持ちで仕事を休んでしまうぐらい重度の偏頭痛持ちの方がいます。

そこで今回は、偏頭痛の予防におススメのアロマや水分補給量、偏頭痛を予防しやすい食事をご紹介いたします。

では早速見て見ましょ~(・∀・)

スポンサーリンク

偏頭痛の予防におススメのアロマ

偏頭痛に予防できると言われているアロマ成分をご紹介します。

本題の前に偏頭痛の原因を知る必要があります。

まずは、偏頭痛はどのようにして起きるかをご紹介します。

偏頭痛は自律神経の乱れで起きます。

自律神経が乱れ、脳内の血管が拡張することで他の血管を圧迫することで偏頭痛が起こります。

その為、偏頭痛を抑えるには自律神経を整える必要があります。

では、本題に入ります。

偏頭痛を抑えるアロマをご紹介します。

①ペパーミント
ペパーミントは鎮痛効果があり、熱くなった体の火照りを抑える冷却作用があります。

ペパーミントは偏頭痛だけに効果があるわけではなく風邪などで身体が熱を持ちしんどい時は冷却効果のあるペパーミントのアロマをおススメします。

使用する際に気を付けるべきこと幼児、妊婦、授乳中の方やてんかんや高血圧の方にはおススメできません。

②ラベンダー
ラベンダーは鎮痛効果があり自律神経を鎮静効果もあり自律神経が乱れたときはラベンダーのアロマで自律神経を整えましょう。

使用する際に気を付けるべき点低血圧の人は使用を避けましょう。

③ベルガモット
ベルガモットには鎮静効果があり、心身ともにリラックス効果が期待されます。

自律神経を落ち着かせる効果があるので偏頭痛を抑えるのにおススメです。

使用する際に気を付けるべきこと光毒性があるため外出前の使用はお控え下さい。

④ユーカリ・レモン
ユーカリ・レモンは鎮痛効果があります。

血圧降下の作用もあり自律神経で乱れ血管が拡張するのを抑える効果が偏頭痛を抑えるのにおススメです。

使用する際に気を付けるべきこと妊娠中の方はお控え下さい。

⑤マジョラム
マジョラムは鎮痛作用や鎮静作用があり、精神的ストレスから解放し心身ともにリラックス効果があります。

使用する際に気を付けるべきこと妊娠中や生理中の方や低血圧の方は使用をお控え下さい。

偏頭痛を予防する水分補給量は?

水分は人間の身体にとってとても大切なものです。

ですが、雨の時期や冬の時期は喉が渇いている気がしなくてついつい水分補給を忘れてしまうこともありますよね。

水分はとても人間にとって大切なもので水分補給をしなければ血中の中がドロドロになってしまい、血流が悪くなってしまいます。

その為、偏頭痛を起こしやすくなります。

血流を悪くさせると偏頭痛だけではなく他の病気にもなりやすくなるため、水分補給は忘れず必ず行いましょう。

では、本題に入ります。

偏頭痛を予防するために一日に必要な水分量は2000mlと言われています。

2000mlと言われるとそんなにも飲めないという人は多いと思います。

ですが工夫次第で1日に2000mlをの簡単に意識しなくても飲める方法があります。

● 朝起きてまず200mlを摂取

● 1時間から2時間おきに300mlを摂取

● 就寝前に200mlを摂取

このローテーションで水を摂取すれば意識することなく無理なく2000mlを飲むことができます。

注意事項
摂取する水は白湯かお水を飲んでください。

お酒やジュースは水分ではありますが水分補給したとはみなしませんので注意してください。


スポンサーリンク

偏頭痛を予防しやすい食事

偏頭痛を予防しやすい食事をご紹介します。

血圧低下の作用がある食べ物
● たまご

● ほうれん草

● うなぎ

● 納豆
などです。

血管の拡張を和らげる作用のある食べ物
● 大豆

● ひじき

● 昆布

● 豆腐
などです。

偏頭痛持ちの方があまり摂取しないほうがいい食事をご紹介します。

血管が広がる作用のある食べ物
● チョコレート

● ブルーベリー

● オリーブオイル

● アサイー
などです。

さいごに

どうでしたか?

偏頭痛は自律神経の乱れが原因で起きます。

自律神経を整え水分補給をして、あまり血管を刺激しない食べ物を食べ予防しましょう。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました