夏にブラジャーが臭くなる原因は?匂いのとり方と洗濯方法は?

夏に気になることと言えば、汗と臭いですね。
女性は特にブラジャーを着けるので、蒸れやすく臭いが気になります(>_<) 型崩れしないように、気にかけるのも一苦労です(^^; 洗いたての清潔な状態でも臭いが気になる時ありませんか? そこで、どうしてブラジャーが臭くなるのか、 臭いの取り方、正しい洗濯方法についてご紹介してまいります^^

スポンサーリンク

夏にブラジャーが臭くなる原因は?

特に胸元は汗をかきやすい場所なんです。
しかし、汗だけでは臭いは発生しません。
ブラジャーは常に肌と密着していますね。
蒸れやすく、湿度も温度も高くなります。
汗や皮脂が染みこみやすく臭いが気になるのも当然のことです。
汗をかいた時、汗ふきシートなどで汗を拭っていますか?
汗を放置していると、汚れや垢、皮脂を栄養にして菌が繁殖します。
そして増殖した雑菌が老廃物として臭いを発生させています。
きちんと洗濯出来ていないと、ブラシャーの繊維の奥に
臭いの元となる皮脂や垢、汗や汚れが残ってしまいます。
これが、洗濯をしていてもブラジャーが臭ってしまう原因なんです。

夏のブラジャーの臭いの取り方

ブラジャーについてしまった汗の臭いを落とすには、
洗う前におしゃれ着用洗剤をブラジャーに含ませると、
洗浄液が浸透してデリケートなブラジャーでも優しく洗え、
汚れや臭いをしっかり落としてくれます^^
洗濯機で洗う前に、原液をブラジャーに直接塗ります。
軽く叩いて汚れを浮かし、短時間コースを選択して
洗濯ネットに入れると型崩れを防止してくれます。
手洗いの場合は、大きめの容器におしゃれ着用洗剤を入れ、
押し洗いをします。洗剤が残っていると黄ばみの原因になるので注意です!
汚れや臭いが特に気になる方は、2・3回繰り返し洗濯してください。
洗い終わったら、タオルで水気をしっかり取り、
型崩れをしないようにホックを留めてからハンガーにかけて、
日陰干しをします。直射日光だと黄ばみや色あせなど傷めてしまいます。
注目するポイントは、臭いの原因【繊維の奥の雑菌を取る】ことです^^
ブラジャーが汗臭くならないように、
胸用の汗取りパットを利用してブラジャーに汗を染みこませないように
予防することも大切ですね^^


スポンサーリンク

夏におすすめの洗濯方法は?

ブラジャーについた汗や皮脂の汚れは、時間が経つにつれて
洗濯しても落ちにくくなり、臭いが発生しやすくなるので、
臭いが染みこんでしまう前に洗濯が大事ですね!
毎日洗濯はしていますか?
ブラジャーだけを洗うために洗濯機を使うのも良いですが、
できるだけ楽な方が良いと思います^^
それは、お風呂に入る時にブラジャーも一緒に洗ってしまいましょう!
お風呂は毎日入ると思います^^
お湯を張った洗面器にブラジャーをつけて優しく押し洗いし、
その間に洗髪などを済ませられますし、
お湯で洗う方が汚れも落ちやすくなります^^
その時、すすぎ洗いも忘れず行ってください^^
洗ったあとは、大きめのタオルで水気を取り、干すだけです。
この時注意するポイントは洗剤が残りやすくなるのはパッドです。
取り外しが出来るパッドは必ず別洗いしてくださいね。
慣れるまでは少し面倒かもしれませんが、
大事なブラジャーは手洗いが一番だと思います♪

さいごに

ブラジャーの臭いについてご紹介してまいりましたが、
いかがでしたでしょうか?
ブラジャーの臭いは女性ならではの悩みです。
臭いの原因となる雑菌を繁殖させないことが大切です。
清潔な下着を着用することも身だしなみのひとつですね^^
ご参考にして頂けると幸いです♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました