茨城で紅葉のおすすめドライブコースは?食事とイベントは?

アウトドア

自然豊かな茨城県は、秋になると紅葉が綺麗に見える場所がたくさんあります。
その年や場所よって、紅葉の時期は微妙に変わってきますが、大体10月の後半~11月の初め頃から色づいてくることが多いでしょう。
茨城県内でおすすめの紅葉の場所や食事、紅葉イベントについてご紹介します!

スポンサーリンク

茨城で紅葉のおすすめドライブコースは?

*筑波山(つくば市)
筑波山のロープ-ウェイ乗り場まで続く、筑波パープルラインは、ドライブをしながら紅葉が見えます。
また、筑波山の山頂からも、関東平野と紅葉が綺麗に見えるので、登ってみてはいかがでしょうか?
筑波山は標高が低い山で、ハイキングコースである程度は整備されているので、登山初心者でもゆっくりと景色を見ながら楽しめるでしょう。
もちろん、ロープ-ウェイを使っても登れます。
ロープ-ウェイからも、綺麗な紅葉が見え、紅葉時期にはライトアップや夜間運転もしているそうです!

*竜神大吊橋狭(常陸大宮)
竜神大吊橋狭は、橋からのバンジージャンプで知っている人もいるのではないでしょうか?
橋は歩行者専用なのですが、橋を歩きながら見る紅葉は、綺麗ですよ。
橋の長さは375m、高さは100cmあり、日本にある歩行者用の橋といては、日本一だとも言われています。
橋を渡りきった場所には、木精の鐘(もりのかね)という、ドーム型の建物があり、カップルにも人気スポットになっているそうです!
鐘は、愛・希望・幸福の3種類で、鳴らすタイミングを合わせないと、綺麗に音が鳴らない“カリヨン”になっています。
特にカップルに人気なのは、愛の鐘で、2人で上手く鳴らすことができれば、いつまでも一緒に居られると言う話です。

*永源寺(大子町)
永源寺の通称は“もみじ寺”とも呼ばれていて、境内には綺麗な紅葉が咲いていています。
紅葉時期には、近くに臨時駐車場があり、そこから歩いてお寺まで向かうことになるでしょう。

*花貫渓谷(高萩市)
花貫渓谷には約60mの汐見滝吊り橋があり、紅葉がトンネルのように見えます。
キャンプ場やハイキングコースが近くにあるので、普段から人気のようですが、紅葉の時期には、沢山の人が訪れるそうです。
汐見滝が近く、マイナスイオンの癒し効効果もあるでしょう!
清流沿いには、歩行者専用の“紅葉並木”もあるそうです。

ご紹介した紅葉スポットは、入場料や駐車料金がかかることがあります。
また、混雑も予想されるので、時前に調べて確認してから向かうことがおすすめです!

スポンサーリンク

茨城の紅葉時期のおすすめの食事

紅葉時期には、“常陸秋そば”と言う、茨城県のブランド品種のそばの新そばが食べられます。
茨城県の県北地域では、昼夜の気温差が大きく、水はけの良い傾斜地があるので、良質なそばが育てられるのだそうです。
常陸秋そばの特徴は、身が大きく粒ぞろいで香り豊、甘みもあります。
常陸秋そばを使ったプリンや団子などのスイーツもあるようなので、お土産にもよさそうですね!

他にも、秋には海産物も美味しくなります。
茨城県はアンコウでも有名ですが、アンコウは、11月頃~翌年3月くらいまで食べ頃です。
紅葉を見て、少し体が冷えてしまったら、アンコウ鍋で体を温めるのもいいでしょう!
水を一切使わないで調理する鍋“どぶ汁”もおすすめです。
また、秋に採れるシラスは、水温が下がる冬越えのために脂がのって、特に美味しいと言われています。
漁港近くのお店では、新鮮なものが頂けるでしょう!

茨城の紅葉イベントは?

最初にご紹介した紅葉スポットでは、紅葉時期にイベントが開催されるそうです。
筑波山では、11月の初め頃に“もみじまつり”が開催され、ご当地グルメが食べられたり、イベントが催されます。
竜神大吊橋狭では、11月上旬~下旬頃まで、“紅葉祭り”があり、スタンプラリーなどのイベントがあるそうです。
また、そば打ち体験や常陸秋そばの新そばも食べられるそうですよ!
花貫渓谷の“紅葉まつり”は、11月の初め~11月下旬頃までで、農産物の販売や、色々な出店があります。

お祭りやイベントの開催日程は変わることもあるので、参加したい場合には、最新の情報を確認してみるといいでしょう!

さいごに

茨城の紅葉のドライブコースやおすすめの食事、紅葉イベントについてご紹介しました!

茨城県の紅葉は、水戸市の偕楽園や、ひたちなか市のひたちなか海浜公園などでも見られます。
見に行きたい紅葉の場所が近い時には、色々なところの紅葉を見て回るのも良いですね!
紅葉スポットは、山の中や水辺などが多いので、虫対策や寒さ対策なども忘れずにしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました