仕事で怒られた時の切り替えのおすすめは?凹まない方法と対処法は?

仕事をしていると誰でもミスという物は起こってしまいます。

誰しもミスはしたくないし、ましてや怒られるなんてのは
避けた事実です。

それでも色んな要因が重なり結果としてミスとなってしまいます。

ミスをしただけでも十分辛いのに怒られる凹んでしまい、仕事が手につかず
休日もモヤモヤしてしまい折角の休日も台無しです。

今回はそんな仕事で怒られた時の切り替えなどご案内してきます。

スポンサーリンク

仕事で怒られた時の切り替えのおすすめは?

怒られると誰しも凹んでしまいます。

しかしその凹み具合や引きずる期間は人それぞれで、随分長い期間引きずる方もいます。

ミスや怒られた事をいつまでもひきずってると与えれた仕事をミスするのではないか?
また怒られるのではないか?とネガティブに考えてしまい、仕事を続けていく事が
ストレスとなってしまいます。

そんな仕事で怒られた時の切り替えのおすすめは?

・受け入れる
怒れたという事、そして怒られた原因が何かという事を自分の中で受け入れましょう。
そうする事でただ怒られて嫌な思いをしただけではなく、気持ちの整理がつきやすくなります。

また一番良くないのが人のせいにする事です。
ミスを人のせいにして言い訳をすると余計に怒られてしまうだけではなく
怒られている事に納得せず同じミスを繰り替えてしまいます。

・原因を教訓にする
怒られたからには何か原因があるはずです。
その原因を教訓にして次に活かし同じ過ちを繰り返さないと言う事がとても重要です。

例えば単純なミスとしては社内規定に沿っていない派手な色に靴下を履いてきてそれを怒られたのであれば次回は派手な靴下を履いてこなければ良い訳です。

取引先への発注が間違っていたなどであれば、どの段階で間違えていたのか
どういう理由でミスがあったのか考察しミスを教訓にしていきます。

・自分を許す。
ミスを認め教訓にしたら、ミスをした自分を許しましょう。
ミスをして怒られた時、いつまでもネガティブな気持ちでいると前の進む事ができず
また同じミスをするのではないかと不安になり仕事を続ける事が出来なくなります。

「人間誰しもミスはする、同じミスをしないようにしよう」

と軽い気持ちで受け入れるつもりで構えてみましょう。

・対策を考え自分を褒める
重要なのは同じミスを繰り返させない事です。
その為には対策が必要です。

対策を考える上での注意点はより具体的に考えるという事です。

今後は注意してや頑張るというのは対策にはなりません。

上記のような社内規定に反する靴下を履いた場合であれば。

・社内規定を読み返し再確認する。
・靴下を始め肌着などを買いそろえる。
・自宅の靴下、肌着などを会社用とプライベート用に分けて管理する事で忙しい朝でも履き間違えを防ぐ。
・家を出る前に鏡で確認する。
・カバンの中の予備で靴下、肌着を常に入れておく。

対策を考えても誰も褒めてはくれません。
それば自分が犯したミスだからです。
ですのでせめて対策を具体的に考えた自分を

「これで大丈夫、良くあったぞ!これを遂行していけば同じミスを繰り返す事はない」

と自分を褒めて奮い立たせましょう。

社内規定の靴下などであれば、取返しはききますが取引先相手など
商談などに関わる事であれば取返しが効かなくなる事もあります。

更に同じミスを繰り返すようであれば取引先からの信頼も失い会社に
損害を与える結果となってしまいます。

ミスをして怒られた事で次に繋げていけるように切り替えていきましょう。

仕事で怒られても凹まない方法

怒られてとどうしても凹んでしまいます。
むしろ凹まず、軽いノリでいると

「こいつ分かっているのか?」

と上司からの評価の悪くなってしまいます。
また同じミスを繰り替えしていしまった時も

「やっぱりな」

と考えてしまうのが常ではないでしょうか。

しかしいつまで凹んでいても仕方ありません。

凹んだままだと仕事の効率も悪くなるだけではなく、また同じミスをするのではないかと
不安になってしまいます。
その為に仕事で怒られて凹まない方法は

・ミスへの対策を考える。
一番怖いのは同じミスをする事です。
その為、同じミスをしないように対策を考えます。

対策は上記のようにより具体的に考えるのが良いのですが

いつまで凹でいる人は、ミスした事を悔やみまた怒れるのは怖いとう方が多いです。

考えて視線が過去に向けられていますが、対策を考える事で視線が未来へと向き
ポジティブな気持ちになります。

・自分へご褒美を上げる。
怒らて凹んだ分、ご褒美を上げて気分をあげましょう。
好きな物を食べる、休日に旅行に行く、欲しかった物を奮発して買うなど
ご褒美も人それぞれあるでしょうが、いつもは我慢している事も何かきっかけがないと
行動にでにくいものです。

スポンサーリンク

ないてしまったときの対処法

怒れてしまうとないてしまう事もあります。

泣いてしまう理由にもいくつありますが

・怒られた事が怖かった
・怒られてた事の原因が悔しく
・周りに迷惑を掛けて事が申し訳なくて
・怒らってくれた事に感謝して

怒ってくれた事に感謝してというには中々想像がつかないかもしれませんが
期待されているからこそ怒ってくれているという証拠になります。

怒る側も労力が必要ですので期待もされていない方にわざわざ労力を使う事も
そうそうありません。
また期待していない人にはミスして怒られるような重要な仕事を任せるというのも
考えにくい為、怒られるというのはそれだけ期待されているという事にも繋がります。

そうはいってもうかつに泣いてしまった時は

・トイレに行く。
涙を見せるのはやはり抵抗があります。
同僚であれば尚更ですが、先輩達でもきまずい雰囲気になってしまうので
できればトイレなどで顔を洗うなどしましょう。

男性であれば水で顔を洗うだけで良いでしょうが女性の場合であれば
メイク直しも必要になります。

そういった場合は上司も気づいているのでメイクを直してから戻りましょう。

・感謝、謝罪の言葉を伝える
怒ったくれた上司に対して怒られた原因について謝罪をしその上で怒ってくれた事に
感謝しましょう。
また原因の再発を防ぐ対策があれば、「今後はこのような対策をとり同じミスをしないように
務めます」などあればもっと良いのですが、具体的な対策がない場合は
「今後は同じミスをしないよう対策を講じてまいります」だけでも良いですし
また「今後は同じミスを繰り替えないよう対策を講じていきますが、何は対策として良い方法はございますでしょうか?」
と質問するのも良い方法です。

新入社員のやったほうがいいまとめ一覧

さいごに

仕事で怒られた時の切り替えのおすすめは?
・受け入れる
・原因を教訓にする
・自分を許す。
・対策を考え自分を褒める
・家を出る前に鏡で確認する。

仕事で怒られても凹まない方法
・ミスへの対策を考える。
・自分へご褒美を上げる。

ないてしまったときの対処法
・トイレに行く。
・感謝、謝罪の言葉を伝える

はたして怒っている上司はミスした事も怒られた経験もないのでしょうかね?
と考える事もありますが、勿論上司も沢山ミスをして怒らてきています。

しかしそのミスを教訓にして同じミスを繰り返さないよう努力をした結果、
今の地位がある訳なんです。

その為、怒っている上司も怒りたくて怒っている訳ではなく期待を込めているからこそだと
言う事なんですね。

重要なのはミスを受け入れて対策をとり同じミスを繰り返さない事ですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました