会社の衣替えはいつから?タイミングと収納方法は?

スポンサーリンク

一年を通して大変な作業の衣替えですが、普段来ている洋服の衣替えですと
気持ちも楽で自分の判断で進める事ができます。

しかしこれが会社の衣替えとなるとちょっと気持ちも変わってきますよね。

会社の衣替えと聞くといつかたすれば良いのかタイミングなど不安に
なってしまいます。

仕事の延長である為、失敗が許されないと考えてしまいますよね。

今回はそんな会社の衣替えに関してご案内していきます。

スポンサーリンク

会社の衣替えはいつから?

ご家庭で行う衣替えは年に4回

・4月後半から春の衣替え
・6月後半から夏の衣替え
・9月後半から秋の衣替え
・10月後半から冬の衣替え

というのが一般的ですが、勿論、冷夏や暖冬など気温の変化によって時期は変わってきます。

会社の衣替えとなるとイメージとしてはスーツではないでしょうか。

会社によって制服が支給されているようであれば夏服と冬服に分かれて
事前アナウンスがありますので心配はないのですが、やはり制服がない
会社なんかは困ってしまいます。

・6月頃から夏の衣替え
・10月頃から秋の衣替え

が一般的です。

最近ではクールビズなどの影響により季節にとらわれにくくなってきています。
季節よりも気温や環境で変化を付けるというのも方法かもしれません。

会社の衣替えのタイミング

衣替えのタイミングというのは中々勇気がいりますよね。
いきなり長袖から半そでで出勤して周りがみんな長袖だった場合、まだ早かったかな?
と恥ずかしい気持ちになってしまいます。

また会社によっては衣替えの時期を明確に決めているところもあり
いきなり暑いからといって半そでシャツにジャケットなしで出勤して上司に怒られたケースも
あるようです。

タイミングは衣替えの時期となる6月1日、10月1日が目安ですが
周りの衣替えペースを見計らいながら替えていくと良いのではないでしょうか。

衣替えでスーツの収納方法は?

衣替えで収納するスーツですが、スーツとなると他の衣類と比べて高価であったり
また出した時に使えない状態ですと出勤時に困ってしまいます。

・ポケットの中を全部だす。
衣替えで収納する際は長期間、保管する事になります。
ポケットの中に物が入っていると型崩れの原因となってしまいます。

特にジャケットの内ポケットやズボンの後ろポケットなんか注意して見てみると
メモ帳やボールペンなどが入っている事も結構多いですよ。

・クリーニングにだす。
収納する前はクリーニングに出す事をおススメします。
綺麗な状態を保っている方がスーツの保存状態も良くなります。

スーツはご家庭で洗う事が難しい為、汗や皮脂で汚れています。

長期間保管しているとその汗や皮脂を餌にダニやカビが発生してしまうので
クリーニングに出してリフレッシュしましょう。

またクリーング店から戻った時に付いているビニールカバーは
付けたままにしていると湿気の原因となる為、外してから収納するようにしましょう。

・スチームアイロンをあてる
クリーニングに出す時間がないなどであれば、スチームアイロンおいう方法もあります。
スチームを当てる事で、ダニや臭いを抑える事ができます。

スチームアイロンがない場合は霧吹きでスーツを湿らせ1cm程の高さからアイロンを
当てると同じ効果を得る事ができます。

スチームの場合やジャケットのラペルの裏は見逃しやすいポイントですので
ラペルを裏が返してからしっかりとスチームをあてましょう。

・ハンガーに掛ける
ハンガーも薄いタイプの物ではなく厚みがあり丸みを帯びた物が理想的です。
丸みを帯びたハンガーに掛ける事によってジャケットの肩のライン崩れを防いで
くれます。

・ブラッシングを行う。
ブラッシンを行う事で表面に付いたホコリを落とす事ができます。
ブラッシングは衣替えなどに限らず、スーツをハンガーに掛けたら日課として
行う事でよりキレイな状態を保つ事ができます。

さいごに

会社の衣替えはいつから?
・6月頃から夏の衣替え
・10月頃から秋の衣替え

会社の衣替えのタイミング
・6月1日、10月1日が目安です。
・周りの衣替えペースを見計らいながら替えていく。

衣替えでスーツの収納方法は?
・ポケットの中を全部だす。
・クリーニングにだす。
・スチームアイロンをあてる
・ハンガーに掛ける
・ブラッシングを行う。

社会人となると気になる事や気にする事が沢山ありますよね。
夏服、冬服に換えるタイミングですら迷ってしまいます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました