唇の荒れた時のケア方法は?荒れてしまう原因と予防法は?

乾燥する季節になると気になるんが唇の荒れではないでしょうか。
唇が荒れるとガサガサしてしまい切れて出血してまうのも嫌ですが
セーターを着たり脱ぐ時に引っかかってしまうのもなんだか嫌ですよね。

そんな乾燥の季節に起きる唇の荒れた時のケア方法などをご案内していきます。

スポンサーリンク

唇の荒れた時のケア方法は?

唇は乾燥しやすく、荒れやすい個所ともいえます。
特に乾燥しやすい季節はケアが大事ですよね。

・リップクリーム
唇の健康や美容にはやはりリップクリームは必需品ですよね。
口紅やグロスは乾燥を招くものもある為、使う前にリップクリームを塗ってから使用するようにしましょう。

・クレンジングは優しく行う。
ゴシゴシと擦ってしまうと唇をキズ付けてしまいます。
特に唇は縦シワがありメイクが入りこんでしまう為、ゴシゴシとクレンジングをしがちですがメイクとクレンジングを馴染ませから行う事で擦らずに落とす事ができます。

・マスクを使う。
マスクをする事で唇を外気から守る事ができます。
またマスク内は呼吸により乾燥を防ぐ事ができるので、ケアや予防としても効果が高いのではないでしょうか。

・サプリメント
サプリメントの中にはセラミドやカロチンといった乾燥しにくい体作りを手助けしてきれる物もあります。
体の内側からケアを行う事ができます。

唇が荒れてしまう原因

唇には肌にあるような皮脂腺や汗腺がほとんどなく自分自身で潤う事が難しい個所なんです。
しかも唇は通常の肌より薄い為、水分の保持ががしにくい為、ケアをしないと
乾燥しやすく荒れやすい個所といえます。

・内臓の不調
内臓が不調の時は唇の色が変化する事があります。
貧血などで体調が悪い時も同様に唇の色が紫色に変化する事があります。
時に胃腸が荒れている時は唇の乾燥が目立つようになります。

・風邪を引いている時
風邪を引くと体中の色々な栄養素が消耗されやすくなりその関係で乾燥しやすく
なってしまいます。

・ストレス
ストレスは体の不調と大きく関わりがありますが血流を悪くさせてしまい
唇に十分な栄養が行き届かず結果として乾燥してカサカサになってしまいます。

・唇を舐める癖
癖として唇を舐める方もおられますが唇を舐めると水分が奪われやすくなりより乾燥しやすくなります。
無意識な行為なだけに対策も難しいですが、普段は唇を舐める癖がなくてもストレスによって緊張状態が続くと唇を舐める方もおられますのでストレスを感じた時は要注意です。

スポンサーリンク

・食事後すぐに口紅をぬる
食後のお化粧直しとして紙ナプキンなどを軽く拭いてすぐに口紅を塗ってしまう方多いのではないでしょうか。
食事の糖分や塩分が残ったままになっていると乾燥や荒れの原因となってしまいます。
一度しっかり拭いてからリップクリームを塗るようにしましょう。

唇の荒れがひどい時の予防法は?

特に乾燥し荒れやすい唇ですので、油断すると荒れがひどくなっている事も多いはずです。
そんな荒れがひどい時の予防法はご紹介していきましょう。

・ハチミツパック
唇ケアにはハチミツは有名ですので知っている方も多いのではないでしょうか。
ハチミツには荒れを修復するビタミンB群が入っているので唇ケアには効果的です。

唇にハチミツを塗りラップをして5分程集中ケアをするだけなので簡単に行う事ができます。

パックしたままお風呂にはいるとより効果的ですのでお風呂前にハチミツを唇に塗りラップして浴槽に5分使ったらシャワーで流せばより手軽にケアを行う事ができます。

・モアリップ
医薬品という事もあり毎日のケアには向いてませんが唇のひび割れや皮向けを治すという事で有名な商品です。
寝る前に直接塗ればひどい荒れにも効果的です。

さいごに

唇の荒れた時のケア方法は?
・リップクリーム
・クレンジングは優しく行う。
・マスクを使う。
・サプリメント

唇が荒れてしまう原因
・内臓の不調
・風邪を引いている時
・ストレス
・唇を舐める癖
・食事後すぐに口紅をぬる

唇の荒れがひどい時の予防法は?
・ハチミツパック
・モアリップ

乾燥する季節は特に気になってしまう唇ですが、元々乾燥しやすく唇ですので
毎日ケアが必要ですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました