爪が割れた時の対処法は?固定方法と間違った方法は?

スポンサーリンク

乾燥する季節になるとお肌の乾燥だけではなく、爪が割れやすい時期になり悩みはつきないものですよね。
爪が割れてしまうと気分が落ちるだけではなく、パソコンのタイピングが上手く出来ない、シャンプーで爪が引っかかるなど、なにかと不便に感じてしまいます。

また乾燥する季節だけではなく、何かにぶつけてしまい爪が割れてしまったというのは良くある話ですが、それだけデリケートな個所ともいえるかもしれません。

今回はそんな爪が割れた時の対処法などをご案内してまいります。

スポンサーリンク

爪が割れてしまう時の対処法は?

爪が割れたままにしてしまうと、洋服の裾などに引っかかりが出来てしまい更に深く割れてしまうなど悪化する事があります。

爪が割れてしまった時はすばやく対処する事で、悪化を防ぐ事にもなります。

・消毒をする。
キズや出血がなくても、まず清潔にする事が大事です。
キズや出血がある場合は雑菌が入り込む可能性がある為、入念に消毒をしましょう。

また割れた爪を対処する方法としてガーゼや絆創膏を貼る事が多いのですが、
空気に触れる機会が少なる為、まずは消毒をするように心掛けましょう。

・爪を短くする。
割れた個所が爪の先端部分であれば、爪を切る事で割れた部分を減らしたり無くす事が
できます。
完全になくなれば一番良いのですが、それでも短くする事で引っかかるリスクは
随分と少なくなります。
爪を短くする際は必ず爪切りを使いましょう。
指で割れた個所を引っ張りすると余計なところまでキズ付けてしまう事があります。

爪が割れた時の固定方法

爪が割れてしまった時は割れた個所を固定する事で、引っかかるリスクを軽減する事が
できます。
長袖のセーターを着る時やお風呂でシャンプーする時なんかがイメージが付きやすいかもしれないですね。

・ガーゼや絆創膏を使用する。
割れた個所を覆うようにガーゼや絆創膏を貼る事で保護する事ができます。洋
服など引っかかるリスクも少なくなるので安心です。
ただし絆創膏を使用する際は粘着部が割れた爪に重ならないようにしましょう。
絆創膏を剥がす時に割れがひどくなる事があります。

・市販の爪修復キットを使用する。
ネイルグルーという爪専用の接着剤を使い、割れた個所を固定します。
修復キットにはネイルパウダーなど補修部分を強化する物もあります。

スポンサーリンク

・トップコートで補強
ネイルグルーが手元にない時などはトップコートを代用する事も可能です。
割れた爪を元に戻し、トップコートをぬります。
爪の形に切ったティッシュをのせ乾いたらもう一度トップコートを重ねます。

スポンサーリンク

ティッシュではなく、粘着部分を少し残した絆創膏を使用すると楽にできます。

・ネイルジェルを使う。
浅く割れた場合はネイルジェルを爪全体をジェルを覆う事も可能です。
ただし割れた方が深い場合は雑菌が繁殖する心配があるので浅い場合のみにしましょう。

爪が割れた時の間違った方法は?

爪の固定方法は色々ありますが、間違った方法もあります。
間違った方法をとってしまうとより悪化させていしまう事もあるので注意しましょう。

・瞬間接着剤を使う
爪が割れた際に使う物として良く言われているので聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
つまようじの先端などで瞬間接着剤を少量をとり、割れた個所に塗り乾いたら表面を爪ヤスリなどで平らに整えます。

トップコートや修復キットがない場合は使える応急処置ですが、出血や痛みがある場合は
出来ない方法です。
また割れが深い場合も避けた方が良い方法ですので、対処法として修復キットやトップコートなどを使うようにしましょう。

・割れた爪を引っ張る
割れた爪の部分を引っ張って切ろうとうとする方も「おられます。
割れた部分を減らす事で、悪化を防ぐ事はできますが、引っ張ってしまうと割れた部分がいびつになったり、より深くなってしまう事もあります。

必ず爪切りを使ようにしましょう。

さいごに

爪が割れた時の対処法は?
・消毒をする。
・爪を短くする。

爪が割れた時の固定方法
・ガーゼや絆創膏を使用する。
・市販の爪修復キットを使用する。
・トップコートで補強
・ネイルジェルを使う。

爪が割れた時の間違った方法は?
・瞬間接着剤を使う
・割れた爪を引っ張る

折角キレイに「伸ばしていた爪が割れてしまうと気分が落ちるだけではなく
仕事に集中できないなどのリスクも出てきますよね。

爪が割れた時は正しく応急処置を行い悪化を防ぎましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました