お腹をならない方法はある?空腹時にお腹を鳴らさない方法とお腹が鳴る原因は?

食事 健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク

思いかけずにお腹がなってしまうと恥ずかしいですよね。
会議中やデート中などなって欲しくない時に限って鳴ってしまうなんて経験した方も
多いのではないでしょうか。

今回はそんなお腹がならない方法や原因などをご案内してまいります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お腹をならない方法はある?

お腹がなりそうな気配がした時、とっさに対処する事で回りに気づかれないようにできれば良いですよね。
また予め対策をとる事で対処していたいものです。

・食時はゆっくり時間を掛けて食べる。
急いで食事をとると空気も一緒に取り入れてしまいます。
よく噛んで時間を掛けて食べることで空気をとりいれにくくなり、更に消化も良くなり
体の中でガスの発生も押さえられます。
ガスの発生を抑える事でお腹の音だけではなく、ゲップやおならの原因を抑える事ができます。

・炭酸飲料
炭酸飲料を飲むとお腹の中にガスを溜めてしまう事になります。
ガスが溜まるとお腹がなりやすくなるだけではなくゲップに原因ともなります。

・規則正しい食事
空腹にならないように間食をとればお腹は鳴らないと考えてしまいますが、
間食をすると胃酸の働きが活発になり胃への負担も大きくなります。
規則正しく特に朝食を抜かずに食事を心掛ける事は一番の対策となります。

空腹時にお腹を鳴らさない方法

お腹がなるタイミングの多くは空腹時をイメージする方も多いのではないでしょうか。
・背筋を伸ばす。
お腹がなりそうと感じたら、背筋をピンと伸ばしてみましょう。
背筋を伸ばす事で、お腹の中の空洞が小さくなり胃の運動を一時的に止める事ができます。
お腹がなると音が外に漏れないように猫背になる方もいますが、猫背になると逆効果ですので
思いきって背筋をピンと伸ばしましょう。

・息を大きく吸い込む。
息を大きく吸い込む事で横隔膜が下がり、胃の収縮運動を止めることができます。
お腹を膨らませる事で、体の内側から胃に圧力を掛けてお腹がならないようにする効果が期待できます。
また更に背中を軽く叩く事で、胃の空気を腸に流すことでお腹の音への対策となります。

スポンサーリンク

・お腹に力をいれる。
お腹に力を入れる事で、筋肉を収縮させる事ができ胃腸のスペースを一時的に狭くする事ができます。
その為、お腹が音をある程度抑える事に期待できます。
力をいれるだけですので、満員電車の中やエレベーターの中でも行える為、手軽にできる対策となります。

空腹時以外でもお腹が鳴る原因は?

お腹がなるイメージとしては空腹の状態ではないでしょうか。
しかし意外にも空腹時以外にもお腹がなってしまう事があります。

・早くいの食事をした。
休憩時間など限られた時間内での食事となるとどうしても早食いになってしまう事もあります。
早食いになってしまうと噛む回数が少なくなり食事と一緒に空気まで飲み込んでしまいます。
更に消化も悪くなりガスを発生しやすくなりゲップやおならの原因ともなってしまいます。

スポンサーリンク

・腹鳴
食事をとると口から胃腸へと運ばれ便として排出されます。
このとき腸の中で食べ物が運ばれているときにお腹がなることがあります。
こういった現象を腹鳴と呼ばれていますが消火活動としてなる音ですが、便秘中などでは
腸内にガスが溜まりやすくなる為、特に起こりやすい現象です。
・過敏性腸症候群
過敏性腸症候群は自律神経の乱れや過度のストレスなどで胃腸の調子が悪くなる病気です。
便秘や胃痛になりやすくなりますが、腹鳴を起こしやすい症状でもあります。

まとめ

お腹をならない方法はある?
・食時はゆっくり時間を掛けて食べる。
・炭酸飲料
・規則正しい食事

空腹時にお腹を鳴らさない方法
・背筋を伸ばす。
・息を大きく吸い込む。
・お腹に力をいれる。

空腹時以外でもお腹が鳴る原因は?
・早くいの食事をした。
・腹鳴
・過敏性腸症候群

静かな場所や会議中など鳴ってもしくないときに鳴ってしまうにがお腹ですよね。
原因をしって対策をとりたいものですよね。

参考になれば幸いです

身体のことのまとめです^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました