スーツケースへ上手にパッキングする方法って?

季節もの

旅行は大好き!旅の計画も楽しい!けど・・・準備は憂鬱でなかなか取りかかれないという女性は多いのではないでしょうか?

旅行は身軽に楽しみたいけど、おしゃれもしたいし、あれもこれもいるかも?なんて詰め込んでいるうちに、スーツケースはパンパンでもうイヤ!というのはよく聞く悩みです。

女性にとって、旅は荷造りから始まっているといっても過言ではありません!旅を快適にするために、上手なスーツケースのパッキング方法をご紹介します。
(^ω^)

スポンサーリンク

スーツケースの荷物を減らすには

いくら上手に梱包の技を駆使したところで、持っていく荷物がスーツケースの大きさに合わないほど多ければ、収めることはできません。

かといって、楽しい旅のためには、女性が扱いやすい大きさのスーツケースにしたいものです。
   
そのためには、旅に持っていくものは厳選して選びたいもの。

ポイントは、特にかさばる衣類です。

とはいっても、女性が旅行を楽しむために、おしゃれは重要。そのための洋服は妥協したくないところです。

だからこそ、厳選しましょう。

色は、黒や白、グレー、ネイビーなどのベイシックカラーを選びます(白は汚れると目立つので、Tシャツなどアウターに隠れるものが無難です)。

チュニックとしても使えるワンピースが1枚あるとシーンによって着こなしも増えるので便利です。

素材はやはり、しわになりにくいものがいいですね。洋服は、ベーシックに厳選することで、かえって悩まず、おしゃれにまとまります。
 
私も心配性で、使うかもしれないものは、すべて旅行に持って行っていました。

でも今は、必要ならホテルのコインランドリーやクリーニングも利用することにしています。

圧縮袋なども使うと、かなりコンパクトにまとまります。旅行によっては、洋服の買い物もするかも知れませんしね。

思い切って、着るかも?という服はスーツケースに入れないつもりで、絶対出番のある洋服だけを持っていけば、旅も快適になりますよ。

割れ物のパッキング方法

スーツケースに割れ物を入れる場合、一つ一つしっかり梱包して保護しましょう。

荷物を増やさないためには、衣類などを梱包材代わりにすることもできます。衣類は、くるくる丸めれば収納力もアップします。

この時、割れ物を一緒に包んでしまいましょう。

スーツケースの場合、注意したいのが、割れ物をつめる場所です。

衝撃が心配で、ついついスーツケースの中央あたりに入れれば安心と思いがちですが、ここに、スーツケースならではの落とし穴があります。

圧力です。圧力は中央ほどかかってしまいます。

荷物をパンパンにつめ込んだり、預けたスーツケースの上にさらに荷物を置かれたりすると、スーツケースの中身にかなりの圧力がかかることになります。

衝撃を避けて割れ物をつめたつもりが、かえって力を受けてしまうということがあるのです。

割れ物は、一つ一つをしっかり梱包した上で、中央を避けて入れるようにしましょう。

スーツケースの割れ物は、衝撃と圧力に注意が必要です。

そのためにも、スーツケースの中身は、「空きすぎず、詰めすぎず」が鉄則です。


スポンサーリンク

小物のパッキングおすすめ

お気に入りのシャンプーに化粧水、乳液、アクセサリー・・・女性の旅行アイテムは細々としたものもいっぱいです。

スーツケースの収納力をアップするためには、小物も種類ごとにまとめてパッキングすることが大切ですが、まとめる袋そのものがスーツケースの場所をとることにもなります。

実は、帰りは楽に!が小物のパッキングのコツです。

帰りは捨てられるものを持っていくのもひとつの方法です。

私は、いつも行く美容院でもらったサンプルを旅行用にしたり、そろそろ新しく変えようかなと思っている洗顔ネットを持って行って、潔く捨てて帰るようにしています。  

他にも、100均で買った携帯用の化粧水ボトルや、いろんな大きさのチャック付きのビニール袋を使って、旅の終わりに捨てて帰れば、かなり荷物も減って、ちょっとしたお土産などもスーツケースに入るようになります。

友人は、洗濯ネットも小物整理に使うと言っていました。

帰りは洗濯物を入れて、帰宅後はそのまま洗濯機へ直行で、大助かりだそうです。

まとめ

いかがでしたか?

旅は、始まりから終わりまで楽しく快適に過ごしたいもの。

膨大な荷物に悩まされたり、振り回されたりしたくないですよね。

工夫して物をシンプルにしていけば、旅の終わりの日常も心地よくスタートできそうです。

では また|彡サッ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました