花粉症で寒気や悪寒!?花粉症と風邪との違い

季節もの

みなさんは花粉症の症状と言ったら大体はくしゃみや鼻水、目のかゆみなどですよね。

自分自身も一時期花粉症かと思い医者で調べてもらったけど原因不明でした(笑)

一口に花粉症といっても症状には悪寒・寒気を感じたり、微熱が出てきてしまう場合があります。

こういった症状がでると風邪を疑っちゃいますね。

実は花粉症で発熱などを起こす場合もあるのです。

そこで花粉症の症状で悪寒・寒気や発熱といった症状が出てくる原因や、風邪と花粉症との見極め方などを紹介致します。

スポンサーリンク
  

花粉症の症状

一般的に花粉症の症状は鼻水や耳、目のかゆみだけではありません。

花粉症の症状として挙げられるものとして、以下の症状などがあります。

・鼻水
・耳、目のかゆみ
・くしゃみ
・寒気、悪寒
・微熱
・倦怠感やイライラ
・顔のむくみ
・肌荒れ

これらの症状それぞれには様々な原因がありますが、どの症状にも共通していえることは花粉が体内に入ってしまうことでアレルギー反応を起こし、症状が出てきます。

花粉症が風邪と勘違いされやすい症状として多いのが、微熱や寒気、悪寒といった症状です。これらの症状が出てくる原因は科学的にはまだはっきりと証明されているわけではありませんが、いくつかの原因が考えられています。

風邪との違いは?

花粉症と風邪の症状は非常に似ており、風邪薬を飲んでも症状が改善されなかったりする場合は、花粉症によって発熱などの症状が引き起こされているケースがあります。

花粉症は基本的に熱単体だけの症状が出ることは少なく、くしゃみや目のかゆみといった花粉症によくある症状が一緒に出ている場合がほとんどです。また、風邪は1週間程度で治りますが、花粉症は原因となる花粉が飛散している期間はずっと症状が続くので風邪と思われる症状が1週間以上続く場合、実は花粉症による体調不良の可能性があります。

なので非常に症状としても似ているので、はっきりしたい場合には医師に診断してもらいましょう。

微熱が出る原因

花粉症によって発熱を起こして倦怠感のある微熱になったり、寒気や悪寒が出てくるのは体が一般的な風邪と勘違いしてしまうことから起きてしまう症状だと考えられています。

スポンサーリンク

風邪などのウィルスが体内に入った場合体はウイルスを排除する為に体温を上げてウイルスと闘おうとします。これは花粉が体内に入ってきても同じで、本来は花粉の成分は体に害がないものと考えられていますが、体はこれを風邪ウイルスと同じものだと勘違いして追い出そうとします。

体にとって花粉は風邪ウイルスと同じ扱いをしてしまうので、花粉を排除するために体は体温を上げてしまうわけです。これが花粉症で微熱が出てくる原因と考えられており、一般的な症状として挙げられる鼻水や目、耳のかゆみ、くしゃみも同様です。体は花粉を体外に出そうとする為に顔から上のあらゆる部位に信号を送って体外に花粉を出そうとします。

悪寒・寒気が出てくる原因

花粉症によって悪寒などを感じる原因は前述の微熱が出てくる原因と関係しています。悪寒というものは体温を上げようとして体内のウィルスを減少させるための症状で体温の急激な上昇によって感じることが多く、外気温や皮膚温の低下によって起こるわけではありません。

悪寒の働きというものは体調の悪さを知らせる為に脳が悪寒を感じるようにサインを出しているもので、人は悪寒を感じることで体調の変化に気付き、体調を管理するようになります。

つまり、花粉症によって悪寒を感じる症状というのは、脳が体調の変化を知らせてきているのです。ところが、脳は花粉を通常の風邪ウイルスと同じものだと勘違いして捉えているので、花粉によって悪寒を感じるのは脳の勘違いによる体調変化の知らせという考え方があります。

まとめ

花粉症によって発熱を起こしたり、寒気や悪寒を感じる原因がこれまで紹介してきた内容で全てというわけではなく、これらの症状を引き起こす原因は他にもあると考えられています。しかし、花粉症によって引き起こされる症状というのは身体を守る為に脳がしていることなので仕方のない部分があります。

花粉が大量に飛散する時期は花粉症の人にとっては非常に辛い時期となっていまいますが、早めに病院で処方された薬を飲み始めたり、花粉対策グッズなどで症状を和らげていきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました