衣替えをしたら身体に虫刺されができた時の対処法は?原因と予防法は?

スポンサーリンク

衣替えというと季節の代わり目に行う大変な作業ですが
一年を通して快適に過ごすために必要な事ですよね。

最近では衣替えをしなくて良いように服を多く持たず断捨離を
する方も増えているようですが、やはり思い入れのある服や
家族が増えるとそうもいかないですよね。

そんな衣替えですが長い期間、タンスやクローゼットの中で保管されていた
服を久しぶりに出して着てみると身体が痒くなったり虫の刺されたなんて
経験ないでしょうか。

久しぶりにお気に入りの服に袖を通したのに虫に刺されてしまうと悲しく
なってしまいますよね。

今回はそんな衣替えをしたら身体に虫刺されができたと時の対象法などご案内してまいります。

スポンサーリンク

衣替えをしたら身体に虫刺されができた時の対処法は?

虫刺されの原因は長い期間、タンスやクローゼットの中で保管されていた時に付着した
“ダニ”が原因です。
またハウスダストなども目にみえない物ですが服に付着し痒みなどを引き起こしている
要因です。

・洗濯する。
一番の解決方法は洗濯をする事です。
洗濯をする事で服に付いたダニやダニの死骸やフンを落とす事ができます。
また痒みの原因となるハウスダストも落とす事ができるのは嬉しいですよね。
長い期間しまっていた洋服ですので湿気も多く含み臭いもある為、洗濯は一番良い方法と
言えるのではないでしょうか。

また洗濯は衣替え前にも行う事でダニの繁殖を抑える事ができます。
洗濯が不十分なままタンスにしまってしまうと黄ばみの原因となるほかダニは皮脂など栄養と
しますので衣替え前も洗濯を行う事で繁殖を抑える事ができます。

・天日干し
天日干しには除菌効果もあり、臭いも減少させる事ができます。
ダニやカビを減らす事ができる為、効果的です。
あまり衣類が多いと全部を洗濯としいうのも大変な作業ですよね。
洗濯と併用して行っても良いのではないでしょうか。

・スチームアイロンを使う
スチームアイロンは高温なのダニを減らす事ができます。
スチームアイロンがない場合は霧吹きで衣類を濡らしアイロンを1cm離した高さから
掛けてあげると同じ効果を得る事ができます。

衣替えをした時の虫刺されができる原因

虫刺されは長い期間タンスなどに保管して付着した“ダニ”が原因です。
ハウスダストもそうですが、ダニも目の見えない程小さいものなので
一見して問題なさそうに見えても多くのダニが存在しています。

またダニの死骸やフン、ハウスダウトなんかも衣替えで服を出した時に
放出されアレルギーの原因になってしまう方も多いようです。

衣替えをした時の虫刺されができる前の予防法は?

お気に入りの服を着て虫に刺されるのも誰しも嫌なものですよね。
虫に刺される前に予防ができれば良いですよね。

・洗濯をする。
衣替えの前に一度洗濯をする事でダニの繁殖を抑える事ができます。
ダニは衣類に付いた皮脂や食べかすなどを栄養としていますので
洗濯をする事で効果があります。
また洗濯をした際は十分すぎる程、すすぎをしましょう。
すすぎが不十分だと洗剤カスが残ってしまい、これもダニの栄養となってしまいます。

・天日干し。
ダニは熱に弱いおよそ50度以上で死滅すると言われています。
また天日干しには除菌効果もある為、衣替えの前に天日干しする事も効果的です。

・乾燥機を使用する。
天日干しでは状況などによっては死滅させるには不十分な事もあります。
ダニが50度以上の環境で20分~30分おくことで死滅させる事ができますが
60度以上になると短期間で死滅する事ができます。

コインランドリーなどの乾燥機であれば温度設定にもよりますが
高温設定で80度程度になりますのでダニ退治には安心です。

・クリーニングに出す。
やはりプロに任せるというのは安心です。
費用は掛かりますが、服のメンテナンスという意味でも信頼をおけるのでは
ないでしょうか。
但しクリーニング店から戻った時についいているビニールカバーは外して
おきましょう。
ビニールカバーでは服に湿気がおきやすくカビの原因ともなってしまいます。

さいごに

衣替えをしたら身体に虫刺されができた時の対処法は?
・洗濯する。
・天日干し
・スチームアイロンを使う

衣替えをした時の虫刺されができる原因
・長い期間保管された時に付着した“ダニ”が原因

衣替えをした時の虫刺されができる前の予防法は?
・洗濯をする。
・天日干し。
・乾燥機を使用する。
・クリーニングに出す。

衣替えという作業は大変ですよね。
それに加えて虫対策となると大変な作業も増えてしまいますが
気温の変化の応じて衣替えを行いますがそれは四季がある事も
あるのではないでしょうか。

衣替えは四季を感じる意味でも他にはない習慣かもしれませんね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました