奈良の紅葉でライトアップ時の子供の服装は?持ち物とSNS映えの場所は?

暑い季節も終わり、ようやく涼しくなってきました。

秋と言えば食欲の秋、とも言いますが、紅葉も見逃せんね。

綺麗な紅葉を見るだけで気持ちが不思議と落ち着きませんか?

今回は紅葉をテーマにしたお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

奈良の紅葉でライトアップ時の子供の服装は?

奈良の紅葉シーズンは大体11月上旬から12月上旬くらいです。

11月と言えば、秋、というより冬になりますので、少々寒いと思います。

ですが、昼間と夜では寒暖差があります。

紅葉のライトアップは夕方から夜にかけて行われますので、しっかり防寒は必要です。

12月上旬に行く際は、その日の気温によってもしかしたら手袋があった方がいいかもしれません。

ですが子供の場合、体温が高いので結構歩くと、もしかしたら汗をかくかもしれません。

ですので、念の為、着替えはあった方がいいと思います。

ライトアップに興奮して走り回って「暑い」と言うかもしれませんから。

そして履きなれた靴を履かせてあげて下さい。

特に女の子は可愛い少しかかとのあるブーツなどを履きたがるかもしれません。(我が家の長女がそうなのです)

紅葉のシーズンは、道に落ち葉がたくさん落ちていますので滑る恐れがあります。

ですので、履き慣れたシューズが一番です。

奈良の紅葉のライトアップであった方がいい持ち物

奈良の紅葉のライトアップを見に行く際、基本は「履き慣れた靴」を履くようにして下さい。

やはり長時間歩くと思うからです。

他に、長時間歩くと体が温まります。ですので、着脱しやすい服装で行くようにして下さい。

紅葉のライトアップで欠かせない持ち物は基本、カメラです。

写真を撮ると思いますので、肩掛けやハンドバッグよりは両手が自由になるリュックがおススメ。

他にも念のために絆創膏などのちょっとした救急道具や、夜の寒さ対策に温かい飲みものを水筒に入れておくと冷えた時に助かります。

奈良の紅葉でSNS映えの場所は?

奈良の紅葉でSNS映えの場所と言うと、奈良公園周辺は外せません。

特に人気なのが11月下旬の奈良公園で、鹿とイチョウのコラボが話題です。

あえて、この頃を狙って奈良に来る人も少なくありません。

奈良公園に来たのであれば、東大寺も行って下さい。

東大寺の周りに赤く染まったモミジもSNS映え、間違いなしです。

特に大仏殿前がおススメ。

他にも大仏池越しから水面に映りこむ紅葉も綺麗です。

ぜひ、大仏池の方にも足を運んでみて下さい。

奈良公園にはほかにもSNS映えがするスポットが満載です。

スポンサーリンク

その中の一つが「浮見堂」です。

園内の池の真ん中にぽつんとたたずむ場所でライトアップ時にはとても幻想的な風景が見られます。 

浮見堂

奈良公園以外でおススメスポットは、「談山神社」「長谷寺」「吉野」です。

談山神社には世界唯一と言われている、十三重塔があり、周りの紅葉に溶け込みとても素敵な写真が撮れます。

こちらも十三重塔でライトアップが見どころです。 

談山神社

長谷寺には戦後初めて建てられた五重塔があり、紅葉に覆われます。

また、礼堂から見る外の紅葉の景色は圧巻で、床にも紅葉が映り込みこちらもSNS映えします。
長谷寺

紅葉のライトアップで忘れてはいけないのが吉野山です。

桜の名所として有名な吉野山ですが、紅葉の時期には山全体が赤に染まりますので是非、チェックして下さい。

歩くとこ、歩くとこが、紅葉で赤く染まり、紅葉シーズ中、ライトアップもあります。
吉野山

最後にご紹介するのがみたらい渓谷です。

関西の中でも美しいと知られる渓谷で、なんと、ヘリコプターから紅葉を楽しめます。

上空から見る紅葉はまた違った景色が見られます。

ヘリコプターからの観覧は10分4000円となっており、受付は先着順です。
是非大空からの絶景を見てください。

最後に

いかがでしたでしょうか。

いよいよ紅葉シーズン、今から楽しみですよね。

子供連れで紅葉をお考えのパパママは、時間に余裕を持っての行動と、夜は寒いのでくれぐれも体調の変化に気を付けてあげて下さい。

ご家族で素敵な時間をお過ごしください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました