冷蔵庫の臭いの原因は?取り方と予防方法はあるの?

スポンサーリンク

冷蔵庫を開けると、いや~な臭いがする…
そんなことありませんか?
ちょっと掃除をしただけでは臭いって消えませんよね(^^;
冷蔵庫を開けっ放しするわけにもいきません。
生活には欠かせない家電のひとつです。
一体、冷蔵庫の臭いの正体ってなんでしょう。
キレイに臭いを取る方法や、臭いの原因、
臭いがしないような予防方法をご紹介してまいります^^

冷蔵庫の臭いの原因は?

冷蔵庫の臭いの原因は、たくさん考えられますが、
大きく分けて2つ、ご説明してまいります。
次のようなことはありませんか?
【物がぎっしり詰まっていて冷気が逃げてしまっている】
物をたくさん入れ過ぎてしまうと、冷気の通りが悪くなって
効率よく冷やすことが出来なくなってしまいます。
冷蔵庫に入れているから大丈夫と思ってしまいがちです。
しかし、冷気が出てくる吹き出し口を塞いでしまっていると、
中にある物が冷えず、傷んでしまうことがあります。
これが悪臭の原因のひとつです。
冷蔵室は、冷凍室とは違って、たくさん物があると冷えません。
物がパンパンに詰まっていると、
どこに何があるかわからない状態になってしまいます。経験者です(^^;
奥の方から、干からびた野菜が出てきてしまった…
これでは冷蔵室が冷えず、食材が腐ってしまうという悪循環です。
冷蔵室の7割程度に抑えることがベストです。
また、冷蔵庫は冷やそう!と頑張ってしまうので、
頻繁に開け閉めすると冷気が逃げてしまいます。
冷蔵庫の温度が上がりやすくなると臭いが発生してしまいます。
電気代も高くついてしまうので注意が必要です(>_<) 【臭いの強い物が入っている】 ニラやキムチやにんにくを使った料理、 消費期限が切れたお肉や魚は入っていませんか? 生魚は生臭いにおいがします。 お肉類は、買い溜めをしていると水分が出て臭いがしてきます。 冷蔵庫で保存していても菌はしっかり繁殖します。 常温保存より少し長持ちするだけです。 冷蔵室の掃除はしていますか? 知らないうちに液だれした物に気付かずそのままにしていたり、 臭いの強い料理をしっかりと密閉できていないと、 臭いが冷蔵室中に広がり、悪臭の原因になります。

冷蔵庫の臭いの取り方

冷蔵庫の中身をすべて出して、
賞味期限が切れているものや使わない物は捨てましょう。
中が空っぽの状態になったら、
消毒用アルコール入りのウエットティッシュを使ったり、
アルコール除菌スプレーを吹きかけて拭きましょう。
どうしてもこびりついた臭いがなかなか取れない時は
少しの間だけ冷蔵室を開けて臭いを出す方法もあります。
中の物をすべて出し、コンセントを抜いて、ドアを開いて
臭いを外に出します。汚れている部分が見えやすいので
冷蔵庫の大掃除という感じですね^^
そして、食べ物の臭いの原因は主に【アルカリ性】の成分です。
この【アルカリ性】に対して【酸性】で掃除するのが効果的です。
酸性の薬品としては【クエン酸】があります。

殺菌効果もあるのでカビの発生も抑えることが出来ます。
レモンもクエン酸を多く含んでいるので、
レモンの搾り汁を使って掃除しても大丈夫です。
そして脱臭剤・消臭剤を入れるのも大切です^^
置いているだけで臭いを吸収してくれるので、
掃除が終わったら、脱臭剤や消臭剤を置きましょう。


冷蔵庫の臭いの予防方法は?

一番大切なのは、清潔な状態に保つことです。
冷蔵庫の中には、ある程度の余裕も持ちましょう。
冷気がすべての食材にかかるように、
全体を見渡せるくらいの余裕を持つことが大切です。
また、料理を入れる時は、
しっかりラップで密閉されていることを確認し、
タッパーのふたがしっかり閉まっていることに
日頃から注意をするだけで臭いが気になることが少なくなります^^
うっかりこぼしてしまった汁もすぐに拭き取れば大丈夫です!
気が向いた時に、消毒用のアルコールで拭くことも臭いの予防になります!
梅雨の時期から夏場にかけて、食材や料理にカビが生えたり、
腐りやすくなるので、冷蔵庫が大活躍する時期です。
開け閉めを頻繁にする時期でもあるので、
冷気が逃げやすくなっています。
冷蔵庫の中の温度が上がらないように気をつけて、
しっかり臭い予防しましょう!

さいごに

冷蔵庫の臭いについてご紹介してまいりましたが、
いかがでしたでしょうか?
消臭剤や脱臭剤を置くことも大事ですが、
日々のちょっとしたことで臭いを予防することができます^^
中身をすっきりさせることで、何の食材が入っているかも把握でき、
開け閉めする機会が減るので節電にもなります♪
ご参考にして頂けると幸いです^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました