手が汗で荒れる時の対処法は?ケア方法と原因はなんなの?

健康

「ひどい手の汗で肌が荒れてしまった」
そんな経験、あなたにはありませんか?
手は体の中でも特によく使う部分ですから、
肌が荒れて痛みやかゆみが出たり、
血が滲んだりしたら、とても辛いですよね。
そんなわけで今回は、
手の汗で肌が荒れてしまった時の対処法や、
手に汗をかいた後のケア方法と原因について、
あなたに役立つ情報を
分かりやすくご紹介をしていきたいと思います♪

スポンサーリンク

手の汗で荒れる時の対処法は?

手の汗が原因で荒れてしまった肌。
それを解決するためには、
具体的にどのような対処をしたらいいのでしょうか。
いくつかの基本的な方法をまとめてみました。

① 肌荒れのタイプを明らかにする
肌荒れといっても、
その症状には様々なタイプがあります。
たとえば、汗による肌荒れといえば
「汗疹(あせも)」が有名ですが、
他にも大人に発症することが多い
「汗荒れ」などがあります。
どちらも似たような症状が出ますし、
基本的な対処もほとんど同じですが、
もちろん発症するメカニズムが違うので、
厳密な処置は異なります。
特に汗荒れはかゆみを伴うので、
掻きむしるなどして症状が重症化しやすく
対処に注意が必要です。
ですから、もし汗で肌荒れが起こり、
なかなか改善が見込めないようであれば、
無理をせずに病院へ行くのが一番だと思われます。
② 肌の清潔を保つ
汗によって肌荒れが起こる大きな原因には、
汗の中に含まれる老廃物(アンモニアや塩分など)
による皮膚への刺激があります。
ですから、手に汗をかいた時は症状を悪化させないためにも、
汗をタオルやハンカチで小まめに拭いたり、
ぬるま湯などで汗を洗い流すようにしましょう。
③ 皮膚を乾燥させない・保湿を十分に行う
皮膚が乾燥してしまうと、
皮膚組織のバリア機能が落ちてしまいます。
それによって、肌荒れが悪化したり、
さらに新しい肌トラブルが起こってしまう
可能性があるので、
しっかりと保湿を行うことが大切です。
④ 刺激は最小限に
①でもお話ししましたが、
かゆみが出たりして気になっても、
できるだけ患部には刺激を与えないようにしましょう。
場合によっては、症状が悪化して、
さらに治りが悪くなってしまう可能性があります。

手に汗をかいた時のケア方法

手に汗をかいた後に
肌荒れを引き起こさないようにするためには、
次のように普段からケアをして
肌荒れを予防していくことが大切です。

① 皮膚の清潔を保つ
先ほども説明したように、
汗によって手に起こる肌荒れの主な原因は
汗の中に含まれる老廃物による刺激です。
ですから、普段から汗をかいたらそのままにせず、
小まめに手を拭いたり、手を洗うようにしましょう。
ただし、手を洗う時は石鹸を使いすぎると
皮膚が乾燥して肌荒れを引き起こす原因になりかねないので、
石鹸を使う頻度は適度に調整し、
あとはぬるま湯で洗い流すなどに
とどめておくのがいいと思われます。
② 皮膚の乾燥を防ぐ・保湿をする
乾燥は肌荒れを引き起こす最も大きな原因の一つです。
さらに、手のひらには油分を分泌して
皮膚の保護・保湿を担う「皮脂腺」がないので、
手はもともと乾燥しやすいという特徴があります。
ですから、手の肌荒れを引き起こさないためにも
普段から皮膚の乾燥を予防し、
小まめに保湿を行っていくことが大切です。
③ 肌に過度な刺激を与えない
  汗をかいた後は、どうしても汗の水分で
皮膚が柔らかくなってしまいます。
ですから、いたずらにこすったり掻いたりすると、
皮膚に傷ができやすいので注意が必要です。
  


スポンサーリンク

手に汗をかいてしまう原因は?


「手に汗握る」という言葉があるように、
基本的に手の汗の原因は緊張や興奮などの
精神的なものによる場合がほとんどだと考えられています。
ただし、これは誰にでも日常的に起こること。
ですから、生活に支障をきたすほどのものではありません。

しかし、もし身体の他の部分に比べて、
手だけ異常に汗をかきやすかったり、
それによって生活上で困っている方がいるのであれば、
「掌蹠多汗症(しょうせきたかんしょう)」
という病気である可能性も考えられます。
ただし、もちろん世の中には、
体質的に汗っかきの人もいれば、
あまり汗をかかないという人もいます。
ですから、必ずしも自分は病気かもしれないのだと
悲観する必要はありません。
しかし、それでもやはり心配だというのであれば、
病院へ行って、医師に診察してもらうようにしてください。

さいごに

さて、いかがでしたか?
手の汗による肌荒れを改善・予防するためには、
「汗を放置しないこと」
「清潔を保つこと」
「乾燥や刺激を防ぐこと」
そして「異変を感じたら病院に行くこと」
がとても大切だということがわかりましたね。
手はあなたが毎日使う、とても大切なところです。
ですから、あなたも是非これを参考にして、
自分の手を大切に扱ってあげてくださいね(^-^)v
あなたの手が健康でキレイになることを、
私は心より応援しています!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました