飛行機の乗り物酔いの対策方法は?予防方法と原因は?

スポンサーリンク

長い時間移動する時、考えてしまうのは“暇な時間を持て余すのはどうするか”
という風に考える方が多いのではないでしょうか。

最近ではスマホで映画を観たりゲームをしたりと時間を有効に使う事ができるのですが
中にはそれが出来ない人もいます。

私もそうなのですが、いわゆる“乗り物酔い”です。

特に長い時間移動する際は飛行機を利用する事が多いイメージではないでしょうか。

今回はそんな飛行機の乗り物酔いに関してご案内して行きます。

飛行機の乗り物酔いの対策方法は?

乗り物酔いで悩んでいる方は多くいらっしゃいますが、特に飛行機は
電車やバスと違い長時間の拘束、また自由に動く事が出来ない為、とても辛いものです。

そんな飛行機の乗り物酔いの対策方法としては

・軽い食事をしておく
おまりお腹いっぱいになってしまうと逆に気分が悪くなってしまいます。
また逆に空腹すぎても良くないので、待ち時間などに軽い食事をしておきましょう。

また飴玉を移動中に舐めるのも酔い対策として効果的です。
しかも飛行機に限らずバスや電車でも使えます。

・締め付けの少ない服を選ぶ。
飛行機に乗ると言う事は出張や旅行などがイメージするかと思います。
着てく服にも制限があるかもしれませんが、あまり締め付けのある物を
選んでしまうと息苦しくなってしまいます。

旅行などで服を選らべる場合は少しゆとりのある服を選ぶと良いですし
また出張などでスーツを着用する場合では機内ではネクタイを外し
第一ボタンを外すだけでも随分気分が楽になります。

またベルトもボタン一つ緩めると楽になりますが、

「さすがにそこまでは・・・」

と気になる方もおられるかと思いますが

機内では安全の為、シートベルトを使用していますのでベルトのボタンを緩めても
想いの他気になる事もないですし、それでも気になる場合はジャケットなどの上着を
上から掛けると周りから見える事はありません。

・寝る
一番良い方法で、乗り物酔いがある私が一番使用している方法です。
しかも飛行機の場合だとバスや電車のように乗り過ごすという心配もない為、
一番、有効な手段と言えるのではないでしょうか。

「いつでも好きな時に寝れる訳ない」

と言われる方もいるでしょうが、そういった時は目をつむっているだけでも
効果はあります。

・本やスマホを使わない
遠くを見るのは酔い防止に効果がありますが逆に近くをみると
目の筋肉が緊張状態になり酔いやすくなります。

隙間時間に本を読む方も多くいますが、乗り物酔いしやすい方は控えましょう。

スポンサーリンク

飛行機に乗る前の予防方法

出張にしても旅行にしても乗り物酔いをすると気分が落ち着けまでには時間が掛かります。
旅行であれば楽しさも半減しますし出張であれば良いパフォーマンスを行う事もできなくなります。

飛行機に乗る前に予防を行い対策したいものですね。

・疲れをため込まない
疲れていると良いやすくなります。
出張や旅行前はしっかり休息をとり疲れをとりましょう。
またストレッチなど体をほぐしリラックスするのも効果的です。

・睡眠を十分にとる
乗り物酔い対策として寝るのが効果的です。
その為、機内で寝る為に寝不足で搭乗を・・・を考えるのも自然ですが
飛行機酔いをする方が飛行機で寝るのは中々難しいものです。

寝不足になるとかえって酔いやすくなるので寝る為にもしっかり前日は
睡眠をとるようにしましょう。

・座席を指定する。
座席を指定できる場合はなるべく前方の席をとるようにすると飛行機酔いの
対策になります。
また翼付近も揺れが少なく酔い予防になります。

座席では窓側か通路側が人気ですがトイレに行きやすいのは通路側ですが
外をみて気分転換するには窓側が良いのですが、好みが分かれる所です。

・酔い止め薬を使う
やはり薬を使うというのは効果的です。
しかもこの薬を飲んだから大丈夫という自己暗示も重要です。

飛行機で寄ってしまう原因は?

乗り物酔いの原因は揺れや加速や減速により平衡感覚を司る三半規管が刺激され
自律神経が乱れてしまう事が原因です。

飛行機の場合は離陸や着陸時の加速や減速また飛行中の揺れもあり
また匂いや密閉された閉塞感を感じる方もいます。

また飛行機に乗り慣れていない方は緊張や急激な離着陸など
脳の処理が間に合わず酔いを伴う方もおります。

普段、バスや電車では酔わないのに飛行機だと酔うという方もおります。

さいごに

飛行機の乗り物酔いの対策方法は?
・軽い食事をしておく
・締め付けの少ない服を選ぶ。
・寝る
・本やスマホを使わない

飛行機に乗る前の予防方法
・疲れをため込まない
・睡眠を十分にとる
・座席を指定する。
・酔い止め薬を使う

飛行機で寄ってしまう原因は?
・揺れや加速や減速により平衡感覚を司る三半規管が刺激され自律神経が乱れてしまう。

私自身も乗り物酔いが激しく通勤の際バスで酔ってしまい
気分が悪くなったりと良くあります。
特に本やスマホを見ていると激しく酔いがきてしまいます。

飛行機はバスや電車と違って搭乗にも手続きがあり緊張もしてしまいますよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました