会社が寒くてやめたいと思った時の対処法は?次の転職への影響と退職届を出しても受け取ってもらえないときは?

仕事 会社
スポンサーリンク
スポンサーリンク

働いていく上で労働条件や人間関係なんかは重要と考える人は多いかと思いますが
労働環境もやはり重要ではないでしょうか。
これから長い期間、人によっては数十年働く事を考えると少しでも快適な環境の方が良いですよね。

そんな労働環境の中のも寒いが原因で仕事を辞めたいと考える人も少なくないようです。
最近ではエアコンの普及などのそう感じる方も多い多いようです、意外にも男性でも寒いと感じている人は多いようです。

今回はそんな会社が寒くてやめたいと思った時の対処法などをご案内してまいります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社が寒くてやめたいと思った時の対処法は?

会社をやめたいという原因の中には寒いだけではなく他にも不満があるのかもしれません。
しかし単純に辞めたいほど寒いと感じている場合は防寒対策が必衰になってくるのではないでしょうか。

・1枚羽織る
カーディガンやジャケットを羽織るといったようなイメージですが、1枚羽織るだけで
防寒対策としては効果的です。
エアコンが強すぎて寒い場合は猛暑日のような暑い日ではないでしょうか。
そういった時は半そでの制服、薄手の服を着ている事が多い為、長袖のカーディガンを
羽織るだけでも効果は高くなります。
また襟付など首元を守る事で体感温度に違いがある為、特に寒さを感じる方は襟付の物を
選ぶとよいのではないでしょうか。

・ブランケットなどのヒザ掛けを使う。
ブランケットなどを掛ける事でも防寒対策として効果があります。
ヒザに掛けているだけなので回りからも見えにくい場所で人の目を気にする心配も少なくなります。
特に最近ではパソコンと繋いで電気毛布のような使い方ができる物もあります。

・厚手のスリッパを履く
足元の寒さ対策として厚手の靴下やハイソックスを履くという事も対策になります。
また厚手で起毛したようなスリッパに履き替えるというのも寒さ対策になるのではないでしょうか。
オフィスから営業など外回りに行く際はスリッパであれば靴に履き替えるだけなので靴下を履き替えるよりも簡単に行えるのではないでしょうか。

・温度調整をしてもらう
エアコンが強すぎる事が原因であれば、温度調整を行う事が一番効果的です。
しかし職場となると暑さを感じる程度が違う為、中々聞き入れてもらえない場合も
あるかと思います。
また自分の位置がエアコンの風が直接あたる場所であれば席を変えてもらい風があたらない場所に替えてもらうというのも対策になります。

会社が寒くてやめたときの次の転職への影響

職場を変えるというのは一代決心に近いものがありますよね。
しかし会社を辞めた理由が寒いというだけでは転職先の面接でなんて思われるか心配になります。
退職理由が寒いでは、根気がない、文句が多そう、わがままなど身勝手な人間で扱いにくいと思われてしまうかもしれません。
しかしながら1日8時間いる環境で寒いというのは本人にとって深刻な悩みですが当事者でないと分かってもらえないのも事実かもしれません。

スポンサーリンク

・労働環境
面接などでは寒くてやめたと言うよりは労働環境と言った方が広い意味で捉えてくれる為、深刻な悩みと考えてくれます。
しかし労働環境の問題となると具体的にどんな問題があったのかと質問がでる場合があります。
また前職の事でネガティブな発言は面接では印象が良くない為、リスクのある表現になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

・寒くて辞めたと言わない
労働環境の問題などネガティブな発言は良い印象を与えない為、あえて言わないという方が堅実的ではないでしょうか。
ポジティブな発言としてスキルアップや新しい挑戦などに置き換えて面接に挑んだ方が好印象になるのではないでしょうか。

会社が寒くて退職届を出してむ受け取ってもらえないときは?

退職届を出しても上司が受け取ってくれずの退職ができないというケースも良くあります。
上司からは他の会社ではやっていけないとか、内より悪い会社の方が多いなど
根拠のない良い方をする方もおられたり、辞めるなら給料が出せないなどパワハラ的な
発言をする方もおられます。
中にはそれは置いといてあの件はどうなった?と話題をすり替えてしまう場合もありまう。

そんな時はどうしたら良いでしょうか。

・人事や上の役職に相談する。
順番としては直属の上司の相談するのですが、その上司が受け取ってくれないのであれば
人事に相談にするのが一番です。
しかし人事も人によってはまずは直属の上司に相談してくださいの一点張りをする人も中には
います。
そういった時は直属の上司よりも更に上の役職の方に相談しましょう。
上の役職に方に相談をするのは勇気がいりますが、上司、人事に相談しても取り合ってくれない。
退職届を出したが受け取ってくれないなどはっきりと説明をした方が良いかと思います。
また電話とメールではどちらが良いかとなりますが、メールの方が考えながら文章を打つ事が出来る事と文面に残す事ができるという利点があります。
また役職が上の方になれば忙しい為、メールで相談した方が丁寧になるかと思います。

・退職代行業者にお願いする
最近では退職を代行する企業もあります。
利用する事で料金が発生しますが、中々辞めさせてもらえないまた言いにくいなどの理由で
利用する方も増えているようです。
退職に関して業者が入ってくれるため、確実に退職が出来る点や会社や上司に連絡する必要も
ないようです。

まとめ

会社が寒くてやめたいと思った時の対処法は?
・1枚羽織る
・ブランケットなどのヒザ掛けを使う。
・厚手のスリッパを履く
・温度調整をしてもらう

会社が寒くてやめたときの次の転職への影響
・労働環境
・寒くて辞めたと言わない

会社が寒くて退職届を出してむ受け取ってもらえないときは?
・人事や上の役職に相談する。
・退職代行業者にお願いする

こちらの記事では、ほかの悩みなどもまとめています^^
https://www.monefuran.com/3140.html?preview_id=3140&preview_nonce=240cd1eaed&_thumbnail_id=-1&preview=true

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました