お彼岸お墓参りの準備や服装は?作法ってどうしたらいいの?

スポンサーリンク
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お墓参りをする機会は年に1度や2度はある人が多いと思うのですが、
基本的なお墓参りの作法を知っている人は少ないと思います。
誰しもが当たり前のようにするお墓参りですが、
お墓参りにもマナーが存在します。
ここで知っている方も今一度勉強してみて先祖供養をしてみましょう。

スポンサーリンク

お彼岸お墓参りの準備はどれを持ってく?

お彼岸の時にお墓参りに行く準備はどんな物を持って行ってますか?

お線香、ろうそく、マッチ(ライター)、お花、雑巾、ブラシ、塵取り
あとは使い終わった歯ブラシがあるといいですね。

数珠はあったほうがいいですが、
無くても問題はありません(故人を想う気持ちが大切です)

御供え物もあったほうがいいですがお参りが終わった後は持ち帰るようにしましょう。

御供えしてあったお花やお線香の灰などは、そこの墓地のルールに従って処分しましょう。

お墓参りの服装はどんなものがいいの?

お彼岸の時の服装は悩んだりしませんか?

特に礼服でなくてはいけないという決まりはないですが、
それなりの正装で行くのがベストです。

お掃除は必ずしたほうがいいので
ある程度動きやすい服装がいいですがあまり派手すぎるのは
控えたほうがいいですね。

お墓参りの作法

ここで一度お墓参りの作法を今一度見てみましょう。

お墓参りに行ったらまず、お墓の清掃をしましょう。

雑草が生えていたり、ゴミが散らばっていたりしては
仏様に申し訳がありませのでゴミなどを取り綺麗にしましょう。

墓石は水をかけて洗い流します。

スポンサーリンク

ブラシでこすりますが、あまりやりすぎると石が
痛む場合があるので優しくやってあげてください。

水鉢や花立、香立てはゴミがつまりやすので丁寧に洗います。

墓石の彫刻部分は、歯ブラシで細かい汚れを落とします。
意外と彫刻部分にも汚れが溜まっているので綺麗にしてあげてください。

スポンサーリンク

洗い流したら、タオル等で水気を拭きとります。

お菓子や果物は直接置かず、二つ折りした半紙の上に置きます。

水鉢にきれいな水を入れます。

花立てに供花の長さを整え、お供えします。

綺麗になると掃除する側もご先祖様も気分がいいですからね。

まとめ

お墓参りに持っていくものは

お線香、ろうそく、マッチ(ライター)、お花、雑巾、ブラシ、塵取り、使い終わった歯ブラシ

数珠はあったほうがいいですが、無くても問題はありません

特に礼服でなくてはいけないという決まりはないですが、

それなりの正装で行くのがベストです。

お墓参りに行ったらまず、お墓の清掃をしましょう。

雑草が生えていたり、ゴミが散らばっていたら綺麗に掃除しましょう。

墓石は水をかけてブラシで汚れを取り洗い流します。

水鉢や花立、香立てはゴミがつまりやすので丁寧に洗います。

墓石の彫刻部分は、歯ブラシで細かい汚れを落とします。

洗い流したら、タオル等で水気を拭きとります。

お菓子や果物は直接置かず、二つ折りした半紙の上に置きます。

水鉢にきれいな水を入れます。

花立てに供花の長さを整え、お供えします。

豆知識

お墓参りには先祖の冥福を祈るという意味だけでなく、
一人ひとりが先祖より与えられた命であることに気づき、
感謝し、家族の幸せを祈るという意味が込められています。
入学、就職、結婚などの人生の節目や
悩み事のある時など近況報告をかねてお墓参りするのもよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました