枕が合わないと思った時の対処法は?合わない原因と危険な症状は?

スポンサーリンク

枕が変わると寝付けないという方、多くないでしょうか。
1日の中で約3分の1が睡眠の理想な時間と言われていますが
折角の睡眠の時間なら快適に過ごしたいと思うのは自然ですよね。

この快適な睡眠には枕はとても重要です、そのため枕が変わると寝付けなくなると
いうのも重要性を物語ってますよね。

今回はそんな枕が合わないと思った時の対象法や原因などをご案内していきます。

枕が合わないと思った時の対処法は?

枕が合わないと睡眠の質を下げてしまい、夜中に起きたり日中眠気が続いたりと
私生活にも影響してきます。

睡眠の質には枕が関係してくる事があり枕が変わると寝付けなくなるなんていうのも
良く聞きます。

枕が変わった原因でこんな方は注意です。

・有名ブランドだから購入した。
・ホームセンターでなんとなく購入した。
・友人、知人からもらった
・特にこだわりがない。

有名ブランドならなんとなく安心だと思ってしまいまいますし、単純に枕が古くなったので
ホームセンターでなんとなく購入したなんてケースも良くある事ですが、枕にこだわりが
ないと睡眠の質を下げているかもしれません。

しかし購入した物は仕方ありません。

どうも購入した枕が合わないと感じた時の対象法は

合わないといっても合わない原因も様々です。

・タオルを重ねて高さを上げる
購入した枕がどうも低いと感じた場合はタオルを枕の上か下に重ねて
高くする事ができます。
タオルであれば、折り曲げる事で微妙に高さを変える事で可能ですので
手軽な対象法と言えます。

・枕の中身を減らす
高さが高いと感じた場合は、枕の中身を減らし低くする方法もありますが
微妙な高さ調整が難しい事と枕によっては出来ないものもあります。

・枕の位置を下にずらす
高さが高いと感じた場合は枕の下の方を肩甲骨あたりまでずらしみましょう。
身体上部が少し上がり頭だけが上がった感じが解消されます。

・柔らかいタオルで固さ調整
枕が固すぎると感じた場合は枕の上に柔らかい質感のタオルを敷く事で対処が
可能です。
柔らかいタオルを数枚、重ねる事でより柔軟性がまし枕の固さにも気を紛らわせる
事ができます。

・固いタオルで固さ調整。
枕が柔らかいのは中々、対処法が困難なように感じます。
固いタオルを数枚重ねて重ねて使用する事で多少の質感や柔らかさなどは軽減できる
かもしれませんが、やはり頭の沈み込みなどは完全に解消するのは難しいのではないでしょうか。

柔らかすぎる場合は買い換えるというのが一番の対象法かもしれません。

枕が同じ高さでも合わない原因

快適な睡眠には枕の高さが重要と言う事は知ってる方は最近では増えています。
その為、枕の買い替えには同じ高さの物を選んだはずなのもどうも合わないという場合は
何が原因なのでしょうか。

スポンサーリンク

・マットレスが変わった。
枕の買い替えタイミングとして寝具を一新したという方もいるのではないでしょうか。
その為、マットレスも買い替え固さが変わってしまい、必然的に頭の沈みこむ感が変わって
しまったという原因は考えられます。
枕自体の高さは同じでもマットレスの固さが以前よりも固くなると沈みこみが少なくなり
逆に柔らかくなると沈みこみが多くなります。

・枕の材質が変わった。
枕の高さ自体は同じでマットレスも変わってない場合は中身の材質により
違和感がある事があります。
例えば、中身がビーズタイプであれば頭の動きにより中身が変化しますが
低反発タイプなどの物であれば頭を動かしても枕の形が大きく変わる事はありません。

・同じ枕を購入したのに合わない
マットレスも変わってなくしかも同じ枕を購入したにも関わらず合わないなんて事もあります。
それは枕の中身の劣化やヘタリなどが原因です。
頭の重さを支え続けている為、中身が潰れるなどして最初購入した時と比べて高さが
変わっているケースです。
使っている内に段々と体に合ってきていたのが新しく変わった事で違和感を覚えてしまいます。

逆もしかりで最初は良かったのに段々合わなくなってきたという場合もあります。

枕が合わないときの危険な症状は?

寝てしまえば枕の違いなんて分からないとう方も多いのですが
やはり1日の3分の1を睡眠で過ごす訳ですから長時間、自分の頭を預ける枕が
合わないというにはやはり危険なようにも感じます。

もしかしたら今抱えている悩みは枕が原因かもしれません。

・首の痛みや肩こり
枕の高さがあっていないと不自然な姿勢で支えてしまい首の痛みや肩こりを
引き起こしてしまう事もあります。

・いびき
いびきは寝ている本人は分からない事ですが、一緒に寝ている方や家族からクレームが来る事もあります。
枕の高さが合っていないと気道が狭まり、いびきとなってしまいます。
またいびきがある方で良く聞くのが無呼吸症候群ですが、呼吸をしてしない時間が
続き命の危険がある事もあるのでたかが、いびきと考えているのは危険です。

・日中の眠気
枕が合っていないと良質な睡眠をとる事ができす日中も眠気を感じてしまいます。
日中眠気があると仕事へのパフォーマンスが低下したり私生活にも影響を及ぼして
しまう事もあります。

さいごに

枕が合わないと思った時の対処法は?
・タオルを重ねて高さを上げる
・枕の中身を減らす
・枕の位置を下にずらす
・柔らかいタオルで固さ調整
・固いタオルで固さ調整。

枕が同じ高さでも合わない原因
・マットレスが変わった。
・枕の材質が変わった。
・同じ枕を購入したのに合わない

枕が合わないときの危険な症状は?
・首の痛みや肩こり
・いびき
・日中の眠気

快適な睡眠をとる事はとても重要ですよね。
また長い時間睡眠をとれば良いという事ではなく良質で理想的な時間の睡眠が
好ましいのではないでしょうか。

枕を変えただけで、今まで悩んでいた肩こりや首の痛み、または日中の眠気が解消できた
なんて方もいるそうですよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました