悪い汗の出し方は?良い汗との違いやかいた後の肌ケア

ダイエットしたくて運動しているけど、中々やせない?

「しっかり汗かいているのに」

毎日運動してしっかり汗をかいているのに
中々やせない、そんなあなた!

その汗、“悪い汗”ではないですか?

「悪い汗?」

汗には“良い汗”と“悪い汗”があるのです。

今回はダイエットにも密接な汗に関してご案内をしていきます。

スポンサーリンク

悪い汗の出し方は?

汗を出す汗腺には2種類が存在します。

1つ目はエクリン腺
エクリン腺は体温調整を目的としており99%が水分でサラサラしております。
体中に分布されており汗の大部分はこのエクリン腺からでています。

2つ目はアポクリン腺
アポクリン腺は脇・陰部・肛門・乳輪・耳の中だけに存在する汗腺です。
アポクリン腺からでる汗はベタベタしており、汗がだらだら流れる特徴があります。
このアポクリン腺からでる汗の中にはミネラルの他に脂質やタンパク質やアンモニウムが
含まれており老廃物として一緒に体の外で出してくれます。

老廃物が溜まってしまうと脂肪や糖分を必要以上に体が吸収してしまうので
肥満の原因の一つとなってしまいます。

運動不足や冷房の効いた部屋ばかりに居て汗をかかない環境にいると、活動している
汗腺の数が減っていきます。

そうなると、いざ汗をかいた時、減っている汗腺の分、他の汗腺が働く事になります。
汗腺の数が少なくなると同じ完全から汗を出し続ける事になります。
そうなるとミネラル分を血液へ十分に戻す事ができなくなり悪い汗となってしまいます。

また悪い汗の原因にはストレスや食生活も影響しており肉や油っぽい食事ばかりを
好んで食べると汗腺の機能が低下し悪い汗の原因となります。

悪い汗を良い汗に換えるには生活習慣を変える事が重要です。

・肉や油っぽい食事を減らし野菜を中心にした食事を増やす。
・軽い運動を心がけ冷房の温度を上げ冷房の効き過ぎを避ける。

などがあげられます

良い汗との違い

汗には体温調節機能という大事な役割があります。

■良い汗の特徴
・さらさらしている。
・ミネラルを含まない
・すぐに乾く
・臭いの元となりにくい

良い汗には体に大事やミネラルなどの成分を含まず、ほとんどが水です。
その為、良い汗をかいた場合は体からミネラル分を失う事がありません。
しかも体温調節機能として大事な気化熱としてすぐに乾くので体温さげる
効果が高くなります。
雑菌の繁殖も少なく臭いの元とはなりにくい汗です。

■悪い汗の特徴
・ベタベタしている
・だらだら流れる。
・ミネラルを含む
・乾きにくい
・臭いの元となりやすい

悪い汗ミネラルが再吸収されずに多く含まれており、その為汗をかくとミネラル分も
失ってしまう事になります。
しかも渇きにくい為、体温を下げる効果も少ない汗です。
乾きにくい汗は肌の表面をアルカリ化して雑菌を繁殖させてしまうので
臭いの原因や肌トラブルを招く原因となります。

■半身浴
痩せる為にも重要な汗がアポクリン腺ですがアポクリン腺の汗は時間を掛けて
体を温めないと出てきません。
その為には半身浴がおススメです。

半身浴は沢山汗をかく事ができ、また自宅の浴槽でも出来ますので
生活習慣として取り入れるのも良いかと思います。

①水分補給
②身浴のお湯の温度は38度~40度が目安
③から胸のしたぐらいまでのお湯に浸かる
④時間は20分~30分程度
⑤時間がたったら肩までお湯に浸かり体を温める

時間を掛けて体を温める事ができるため、汗腺を鍛えるだけではなくデトックス効果も
期待できます。
半身浴から上がったらまた水分補給を忘れないようにしましょう。

岩盤浴もおススメですが生活習慣として取り入れるなら半身浴が自宅で出来るので
おススメですね。


スポンサーリンク

汗をかいた後の肌ケア

汗をかいた後、そのまま放置してしまうと大変です。

汗をそのままに放置してしまうと雑菌が増え臭いの元となってしまいます。

■汗を拭きとる

汗を拭くときは清潔なタオルやハンカチで優しく拭くのがコツです。

肌に軽く押さえるようにして汗を吸収させるようなイメージであれば問題
あいませんが、ゴシゴシと擦るように拭いてしまうと肌を痛めてしまいますので
優しく拭きましょう。

また汗を放置した場合、雑菌が増え臭いの元となるだけではなく
ほこりなどを吸着し毛穴を塞ぎ肌荒れや吹き出物の原因となってしまうので
汗をかいたら素早く拭き取りましょう。

ハンカチやタオルがない場合は洗顔シートなどもオススメです。
洗顔シートはコンビニやドラックストアでも購入する事ができる
手軽な商品ですよね。

最近では大判の商品も出ており顔だけではなく全身拭く事が出来る事を
想定した大きさでケガや病気の時、シャワーやお風呂に入れない時にも
使用できるのでとても重宝するかと思います。

私も洗顔シートは結構使っており、メントールが配合されている商品が多く
使用後はひんやりとクールダウンして熱い日は気持ち良いです。

高校生の頃、友人とキャンプをした事がありましたが、その時にも
洗顔シートを持参していきました。

お風呂に入る状況ではないのでとても重宝しましたが
それ以外にも嬉しい効果がありました。

それは蚊なのですが、蚊は体温がやや高めの対応や体臭に引き寄せられる
性質があるようです。
その為洗顔シートでクールダウンと体臭を抑制させる事により蚊から
身を守る事ができます。

実際にキャンプ中はあまり蚊に刺された記憶はありませんでしたね。
ちなみに友人全員、洗顔シートを持参していました。

野外フェスにも良いかも。

使用後は肌が突っ張る事もあり気になる方は美容液配合の物も最近では
販売されているようなので気になる方はそちらもチェックしてみてください。

■シャワーや洗顔。

シャワーや洗顔が出来る環境であれば一番良い方法ですね。
一気に洗い流せて爽快になりますよね。

汗をかいたあとは乾燥しやすいので化粧水や保湿クリームなどでケアをしましょう。

■水分補給
汗は体内の水分が循環で出ている物なのでしっかりと水分補給をしましょう。
水分も水など一気に飲まず、数回に分けて飲み冷たすぎる水は避けるようにしましょう。

さいごに

■悪い汗の出し方
・運動不足
・ストレス
・肉や油っぽい食事が多い
・冷房の効いた部屋にいて汗をかく習慣がない

■良い汗との違い
[良い汗の特徴] ・さらさらしている。
・ミネラルを含まない
・すぐに乾く
・臭いの元となりにくい

[悪い汗の特徴] ・ベタベタしている
・だらだら流れる。
・ミネラルを含む
・乾きにくい
・臭いの元となりやすい
[半身浴がおススメ]

■汗をかいた後の肌のケア
・汗を拭き取る
・シャワーや洗顔
・水分補給

汗をかくほどダイエットに繋がるという訳ではありません。
痩せる汗というよりもいかに良い汗をかくかが痩せる方法に繋がるのでは
ないでしょうか。

良い汗をかく事で体の循環機能も正常に働いてくれるので
健康の為にも生活習慣の見直しなど良いのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

身体に関するまとめ
1.足汗を抑える方法は?対処法やどうして足に汗をかくの? 2.睡眠時の汗をかく原因は?抑える方法とかきすぎは大丈夫? 3.悪い汗の出し方は?良い汗との違いやかいた後の肌ケア 4.睡眠は分割しても大丈夫?デメリットや健康には...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました