猛暑での面接の服装は?メイクや注意点はどうする?

猛暑が続くとほんと嫌ですよね。

動くと暑い、じっとしてても暑い、どうしても暑い、それが猛暑というもの。

そんな暑い時期に限って面接が入ると、ちょっと時期ずらしてくれませんかね?

と思いたくもたりますが、チャンスを逃す訳にはいきません!

暑くても面接は頑張らないといけない場所です。

気を引締めて挑みたいところです。

最近ではクールビズとうたってノーネクタイなど推奨している企業もありますが
面接となるとどうなのでしょうか?

今回はそんな猛暑での面接の服装やメイク、注意点をご案内していきます。

スポンサーリンク

猛暑での面接の服装は?

暑い日に限ってのスーツというのしんどいですよね。
いくら夏用スーツとはいえジャケットを羽織って襟元を締めてネクタイと
なると熱がこもって汗だくになってしまいます(;´Д`)

・男性の場合は猛暑とはいえスーツにネクタイ着用がやはり無難です。
面接はクールビズでお越しくださいという明記や説明がない場合シャツは長袖が無難です。汗かきの方は透けてみえないように肌着をきる事をおススメします。
肌着で目立たないのは意外にベージュで肌に隠れて目立ちにくくなります。
逆な黒など色の濃ゆい肌着だとしたが透けてみえる場合があります。

面接会場や会社に入るとクーラーも効いているもで
移動中はノーネクタイにノージャケットで会社に入り
トイレなどで汗ふきシートで汗を拭きネクタイとジャケットを
羽織っても良いでしょう。

・女性の場合はビジネスに相応しい恰好であればOKなのですが
やはりスーツ一番無難ではないでしょうか。
スーツではない場合でも薄手のジャケットなど派手ではないビジネススタイルを
心かけましょう。

猛暑の面接の時のメイク

面接では第一印象が大事ですよね。
女性の場合はメイクに気を使わないといけなくなりますが
派手すぎずシンプルなものが好まれる傾向にあります。

普段みなれてメイクだと派手なのか派手ではないのか判断が付きにくくなります。
その為、自分のメイクを見直してみましょう。

・朝のスキンケア
ベースとなるスキンケアは重要でしっかりとスキンケアを行う事で
化粧持ちやも良くなります。
化粧崩れは完全に防ぐ事はできませんがスキンケアを行い水分や油分の
バランスを調整する事で化粧崩れもグンと少なくなります。

・肌にあった化粧下地を使う
夏は特に汗や皮脂が多くなります。
適量をむらなく均一に伸ばす事と皮脂を抑えたり吸収してくれる
物を夏場はチョイスしましょう。

・ファンデーショ―ンは薄く均一に。
面接となるとしっかりメイクで暑くなりがちですが
あまり暑いと化粧崩れの原因になりますし、面接の印象としても
暑いメイクは敬遠される傾向にあります。
その為、ファンデーションは自然を意識して薄く均一を意識しましょう。
また汗や皮脂に強いものをチョイスするのも暑い日の化粧崩れ対策には
効果があります。

・付けまつげはない方が無難です。
一般的になった付けまつげですが面接の距離になるとインパクトがあり
周りと浮いてしまったり自然なナチュラルメイクから離れてしまう可能性も
あります。
特にメイクをしない男性にしては付けまつげに違和感を覚えたり
暑く苦しいと感じる方も少なくありません。

猛暑となると心配なのが汗や皮脂による化粧崩れです。
面接会場には早めに入りトイレなどで化粧直しを行いしっかり準備しましょう。

暑い時の面接の注意点は?

・クールビズでお越しくださいと明記や説明があった場合は
ネクタイやジャケットは着用せずに面接会場にはいりましょう。

・男性
白に近いシャツに黒や紺のスーツに使えわれるズボンを着用。
シャツは半そで長袖どちらでも大丈夫ですが長袖の袖をまくる事は
しないようにしましょう。

・女性
白に近いシャッツやブラウス、黒や紺のスーツに使われるようなズボンか
スカートを着用。
半そでのワンピースでも良いのですが、派手な色や柄がはいった物はさけましょう。

クールビズでお越しくださいと明記や説明があるにも関わらず
クールビズを着用しなかった場合は

「しっかり案内を読んでいないのか?」

「ちゃんと説明を聞いていないのかぁ?」

と判断される事があります。

また面接中の質問でも

「面接の案内にクールビズでお越しをと明記してましたが、暑くなかったですか?」

などと言及される事があります。

そういった場合は案内や説明はしっか理解して分かっていたけど
クールビズでは来れなかったという理由をしっかり伝えましょう。

スポンサーリンク

・クールビズでお越しくださいと明記や説明がない場合は
ジャケット着用して面接に挑みましょう。

ただし面接の方から

「どうぞ暑いので上着を脱いで頂いても結構ですよ」

といわれた場合は

「ありがとうございます。」

と答えジャケットを丁寧に畳カバンの上に置くかイスの背漏れに掛けましょう。
ジャケットを脱ぐ時は焦ってしまい、すばやく早脱ぎ大会のような脱ぎ方では
なくいつも通りの感覚を脱ぐようにしましょう。

そういわれても面接中にジャケットを脱ぐのは失礼ではないだろうか?

もしかしたらこれは引っ掛けで

「あいつ本当にジャケット脱いだよ、マナー違反だな。」

なんて事を考える方がおりますが

面接官からの提案なので、ジャケットを脱ぐことは失礼でも引っ掛けもありませんので
安心してください。

またこういった内容の話は面接とは直接関係ないと考え耳にはいらない事もあります。
何も返事もなく、ジャケット着用のまま面接を進めてしまうと

「人の話を聞いていないのか?」

「注意力がたりない」

と判断される可能性があるので面接は扉をノックした時から
全ての話に集中して対応しましょう。

猛暑となると体調不良や汗や皮脂も注意したいところです。
汗だくで面接を行うのはカッコ悪いですよね。

爽やかでクールなイメージの方が印象も良くなります。
面接は早めに会社にはいり汗ふきシートなどで汗や皮脂を拭き取り
時間に余裕があれば休憩をしてクールダウンしましょう。

また夏風邪など体調が悪くあると普段の力を発揮する事ができません。
前もって体調管理にはきを付けて面接に挑んでくださいね!

新入社員のやったほうがいいまとめ一覧

さいごに

猛暑での面接の服装は?
・男性はスーツ、ジャケット・ネクタイが無難
・女性もスーツが無難だがビジネスに相応しい恰好であればOK

猛暑の面接の時のメイク
・朝のスキンケア
・肌にあった化粧下地を使う
・ファンデーショ―ンは薄く均一に。
・付けまつげはない方が無難です。

暑い時の面接の注意点は?
・クールビズでのお越しくださいと明記や説明があればクールビズを着用しましょう。
それ以外ならジャケット、ネクタイを着用。

・上着を抜いでもよいと言われたら「ありがとうございます」と言い
脱ぎましょう。

・汗や皮脂に注意で、面接前にトイレなどで汗ふきシートを活用

・体調管理に注意。

面接というのはそれだけで不安や心配がありますよね。
予期しない事が起こると些細な事でも更に心配になってしまいます。

時間など早めの行動を行い不安や心配は面接官からに質問だけしておきたいものです。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました