口内炎を早く治す方法は?何回も噛んでしまう原因と注意点は?

スポンサーリンク

食事中にうっかり口の中の噛んでしまうと気になるのが口内炎ではないでしょうか。
口内炎になると食事も楽しめず水飲むのみのも苦痛に感じる事があります。

特に仕事では集中できなかったりプライベートでも楽しめないなど良い事は
一つもないですよね。

今回はそんな口内炎の原因や早く治す方法などをご案内していきます。

口内炎を早く治す方法は?

口内炎ができるとひどい痛みに悩まされてしまいますよね。
口の中にある神経に唾液や食べ物、飲み物や空気が直接触れてしまう為、痛みを感じてしまいます。
そんな痛い口内炎はなるべく早く治したいですよね。

・ティーバックを使う
湿ったティーバックを5分程、口内炎のキズ口にあてる事で口内炎を早く治す事ができます。
お茶が酸を中和してくれます。
またお茶に含まれるタンニン酸が炎症を抑える事ができます。

・ハチミツを使う。
ハチミツは口内炎には有名ですが、ハチミツには高い殺菌能力があります。
また食品ですので安心して使う事できますがやはり薬のような効果は期待できません。

・ビタミンを摂る
口内炎にはビタミンが効くというには有名ですよね。
特に口内炎に作用するのはビタミンB2とビタミンB6ですので豚肉や緑黄色野菜、きのこ類や大豆や納豆を摂るようにしましょう。
また栄養ドリンクやサプリなども手軽にビタミンを摂る事ができます。

・口内炎用の薬を使う。
やはり薬を使うというのは効果的ですし安心です。
口内炎の薬には色々なタイプがありますが飲み薬や貼るタイプ、スプレータイプなどがあります。
飲む薬は口内炎の場所に限らず使う事ができるので万能です。
貼るタイプは炎症が小さい時におススメですし患部が直接空気などに触れる事を防いてくれるので痛みも緩和させてくれる効果もあります。
スプレータイプは届きにくい個所にできた場合に直接、薬を付ける事ができます。

・病院に相談する。
病院に相談するのが一番安心で治りが早いのは間違いありません。
症状にあった薬を処方してくれたり最近ではレーザーで焼いて治すという方法もあるそうです。
また頻繁に口内炎が出来るようであれば一度相談してみるのも良いかもしれません。

口内炎ができた時に何回も噛んでしまう原因

口内炎ができた時に何回も噛んでしまうという経験をした方も少ないないのではないでしょうか。

・疲れやストレス
疲れていたりストレスを抱えていると口や頬、舌が上手く動かす事ができず、口の中を
噛んでしまいます。
疲れている時は話づらくなる事があるのでイメージしやすいかもしれませんが
ストレスは目に見えないものなので口を噛んでしまう時はストレスを抱えているのも
しれません。

・頬のたるみ
体重が増えるなどで頬がたるみ下がってしまうと口の中を噛みやすくなってしまいます。
以前はあまり噛む事もなかったのが最近よく噛むようになったなどがあれば頬のたるみや
体重など気にしてみてはいかがでしょうか。

・歯の治療をした
歯の治療としては詰め物や被せ物また歯を抜いたり矯正治療を行うと今までの口の中の感覚が変わってしまいと噛んでしまう事もあります。


口内炎を治す時の注意点は?

口内炎ができるとどうしても気になってしまい、触ってしまったりなどしまうが
やはり行動には注意しないといけない事もあります。

・触らない
・しっかり睡眠をとる
・煙草やカフェインやアルコールを控える

触ってしまうと雑菌が繁殖しやすくなったり睡眠不足や疲れていると口内炎が
長引いてしまいます。

また煙草やカフェインはビタミンを分解してしまい口内炎を長引いてしまうので
食事を見直して生活環境に注意しましょう。

さいごに

口内炎を早く治す方法は?
・ティーバックを使う
・ハチミツを使う。
・ビタミンを摂る
・口内炎用の薬を使う。
・病院に相談する。

口内炎ができた時に何回も噛んでしまう原因
・疲れやストレス
・頬のたるみ
・歯の治療をした

口内炎を治す時の注意点は?
・触らない
・しっかり睡眠をとる
・煙草やカフェインやアルコールを控える

口内炎というのは良い事は一つもないですよね。
なるべくならならない方が良いですし、早く治したいものですよね。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました