抜け毛が多くなった時のシャンプーの選び方は?正しい髪の洗い方と適温は?

スポンサーリンク

最近では食事の影響もあり女性の方でも抜け毛や薄毛を気にしている方が
増えて来ていますよね。

男性の方から意外と若い内から悩んでいたりと
中々深刻な問題です。

抜け毛が気になる特に最初に思い浮かべるのがシャンプーでは
ないでしょうか。

今回はそんな抜け毛が多くなった時のシャンプーの選び方や
正しい髪の洗い方などfをご案内してまいります。

抜け毛が多くなった時のシャンプーの選び方は?

ドライヤーを使った後の洗面台や朝起きた時の枕元や
シャンプー使用時の排水溝のつまりなど気になるポイントは
いくつかありますよね。

そんな抜け毛が多くなったときのシャンプー選びはとても重要です。

・天然由来の刺激の少ないシャンプーを選ぶ
刺激の強い化学成分の入ったシャンプーはやはり避けた方が
良いのですが、中々そういった商品を見極めるのは難しい物です。

オーガニックや天然由来、また低刺激の物を選べば良いのですが
内容成分も天然素材の物をチョイスすると良いですよね。

・アミノ酸
・ホホバ油
・ノコギリヤシ
などの成分が目安になります
天然素材のシャンプーは低刺激で頭皮に優しい物に
なっています。

・美容室でスタイリストと相談する。
良いシャンプーを選ぶにしても中々自信がない物です。
美容室で働いてスタイリストさんなんかは髪や頭皮のプロです。
また自分の頭皮の状態や乾燥肌か、油症なのかも理解してくれて
いるので、相談役に乗ってくれるはずです。

また美容室で販売されているシャンプーは高品質な物が多い為、
相談の上、購入して使用されても良いのでないでしょうか。

正しい髪の洗い方

シャンプーは毎日の事ですのでシャンプー選びは重要ですが、
洗い方も重要です。
間違った洗い方をすると正しく効果を得られないどころか
頭皮に刺激を与えてしまう事もあります。

・入浴前にブラッシング
髪の毛同士がからまっているとシャンプー時に指が絡まり
髪や頭皮に負担が掛かってしまいます。
入浴前は毛先から順に絡まりを丁寧にほぐすようにブラッシングを
しましょう。

・手のひらで泡だてる。
意外と多いのがシャンプーの原液をそのまま髪に付けて
泡立てる方がいますが、シャンプーは手のひらで泡立ててから
頭皮を中心に揉むようにしましょう。

原液をそのまま付けてしまうと刺激が強い為、使用時は
手のひらで泡立ててから使用しましょう。

スポンサーリンク

・良くすすぐ
シャンプーが終わったすすぎは十分すぎる程行いましょう。
すすぎ残しがあるとシャンプーカスなどが原因で雑菌が増えて
しまいます、

・シャンプー後はすぐにドライヤーで乾かす
濡れたままだと雑菌が増えてしまいます。
雑菌が増えると炎症や抜け毛の原因となってしまいます。

また疲れている時なんかは入浴後、髪が生乾きのまま
寝てしまう方もいますが、濡れたまま寝てしまうと
髪のキューティクルを痛めしまうので必ず乾かしてから
寝るようしましょう。

タオルドライをしてからドライヤーで頭皮かた乾かすように
当てていきます。

髪を洗う時の適温は?

シャンプーをするとき意外と気にしていないに
温度でないでしょうか。

自分で適温の調整があるかと思いますが一般的に言われる温度は

・35℃~40℃

皮脂や油は冷たい水よりも温かいお湯の方が洗い流しやすくのですが、
体温に近い温度は髪や頭皮への刺激も少なくまた乾燥を防いでくれます。

あまり熱いお湯で洗ってしまうと頭皮に必要な油分まで洗い流してしまい
乾燥の原因ともなってしまいます。

熱いお湯が洗うのが好きという方もいるかと思います。
実際に熱いお湯で洗った方が頭皮の油分を洗い流してくれますが
余計な油分まで洗い流してしまうと油分を補おうとして多くの皮脂が
分泌されてしまう事もあります。
皮脂が多いと臭いや毛穴のつまりの原因となってしまい結果、抜け毛と
なったしまいまいます。

自分は皮脂が多いので熱いお湯の方が合っていると考えている方でも一度
適温でシャンプーしてみると意外に皮脂が抑えられ夕方頃、気になっていた臭いが
抑えられるかもしれません。

さいごに

抜け毛が多くなった時のシャンプーの選び方は?
・天然由来の刺激の少ないシャンプーを選ぶ
・美容室でスタイリストと相談する。

正しい髪の洗い方
・入浴前にブラッシング
・手のひらで泡だてる。
・良くすすぐ
・シャンプー後はすぐにドライヤーで乾かす

髪を洗う時の適温は?
・35℃~40℃

抜け毛が気になるとシャンプーの時だけではなく、普段仕事や家事をしている時でも
肩に落ちた抜け毛を見て心配になってしまいますよね。

抜け毛は一日で平均50本~100本抜けると言われています。
その為、あまり気にしぎるとストレスになってしまうので気に留める程度が
良いのかもしれませんが、それでも一番の手短な対策はシャンプーではないでしょうか。

毎日の事ですのでシャンプー選びから洗い方まで改善してみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました